Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V721

VICTOR TD-V721

投稿日:

VICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V721の修理依頼をいただきました。

故障は、定番の「早送り・巻き戻し不可」です。再生は可能ですが、

早送りと巻き戻しはモーター音が聞こえるのみです。

早速カバーを開けます。メカ上部の基板の赤い配線はバイパス線ですが、以前修理された際に端子を破損したものと思われます。

メカを取りだすためには、2Kgほどの重さのある底板を取り外す必要があります。

メカを取り出しました。

モーターを取り外します。

早送り・巻き戻し用のギヤが欠けています。もう片方のヘッドの上下などを行うギヤは、現状では問題ありませんが、そのうち同じ運命をたどります。

特殊なギヤですので、2か所とも他用途のものを流用します。

モーターを元に戻します。

この黒いパーツは、キャプスタンの回転をリールに伝達するアイドラーです。専用クリーナーで清掃します。

ベルトの状態も良好です。

キャプスタンモーター基板上の電解コンデンサーも液漏れ対策として交換済みです。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

点検調整に移ります。315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。1Hz程度の振れがありますが、聴感上の問題はありません。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、同じ波形になるように録音ヘッドのアジマスとバランスを調整します。

数種類のテープで録音再生状況を確認します。

完成しました。

-TD-V721
-,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V721

今日はVICTORの3ヘッドデッキ、TD-V721の修理を行います。 底板に防振用の高剛性重量級ソリッドベースを装備しているため、見た目よりもかなり重量があります。 不具合は、VICTOR機では定番の …

VICTOR TD-V721 早送り巻き戻し不良

本ブログ初登場のVICTOR製3ヘッドカセットデッキ、TD-V721です。 当時87000円の販売価格ですから高級機に分類されます。 再生はできますが、早送りと巻き戻しが動作しません。VICTORのデ …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM