Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESL

SONY TC-K222ESL

投稿日:

今日はSONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理を行いました。

2年ほど前に一度修理を行った機体です。

トレイ開閉はOKですが、

再生できません。

一時停止ボタンを押したのに早送りになったりと誤作動します。

まずは誤作動の修理を行います。フロントパネルを本体から切り離します。

ディスプレイ基板を取り外します。そこにタクトスイッチが14個あります。

全数交換します。

続いてメカの整備に移ります。キャプスタンモーターを切り離し、

モーターブロックを取り外し、アシストモーターのベルトを点検します。わずかに弾力が失われているように感じますので、新品に交換します。

新しいベルトを掛けました。

左側ピンチローラーの硬化が進行していますので新品交換します。

メカを本体に組み込んで、動作テストを行います。

ピンチローラー脱着後は、テープパスの点検が必須です。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

テープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

ここで少し問題が起きました。バイアス調整を行って録音再生モニターしましたが、原音とはかけ離れています。

周波数の異なるサイン波を入力し、それを録音再生モニターしましたが、高域が減衰しています。ヘッドの劣化が原因でしょうか?

基板上のバイアス調整ツマミを回して高域を持ち上げます。

左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、同じ波形になるよう調整します。右写真の波形が膨らんでいるのは録音ヘッドのアジマスの関係ですが、コンビネーションヘッドでは調整ができません。

数種類のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-K222ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K222ESL

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TCK222ESLの修理です。 30年前に新品購入したそうですが、あまり使用していないものの、いつの間にか不動になったということです。私も同じ頃に …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY TC-K222ESL

今日はSONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K222ESLの修理を行います。 電源を入れると「キュッキュッ・・・・」という異音が鳴り続けます。キャプスタンのオイル切れでしょうか?また、操作はまったく …

読者からのメール(TC-K222ESL)

このブログをお読みになっている新潟県のK様からメールをいただきました。TC-K222ESLをご愛用とのことですが、不具合を自己解決されたということで、皆さんにご紹介したいと思います。 初めにいただいた …

SONY TC-K222ESL ピンチローラー&基板不良

TC-K222ESLのメカの修理を終え、動作確認しているときにあることに気づきました。テープ走行に合わせ左側のピンチローラーが上下しています。そして、触ると簡単に空転してしまいます。 ピンチローラーが …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM