Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESⅡ

SONY TC-K555ESⅡ メンテナンス

投稿日:

今回は動作品のメンテナンスをご依頼いただきました。

SONYのTC-K555ESⅡです。

トレイが多少強めに開くという以外は大きな問題は無いということです。

カバーを開けました。当初は「清掃」もということでご依頼がありましたが、埃はほとんど無い、というより新品に近い状態です。

メカを取り出すためには、フロントパネル、底板、そして、ヘッドのアンダーカバーを取り外す必要があります。

メカは内側から取り出します。

メカを四方から撮影し、状態を記録に残します。

いわゆる「ロケットオープン」とまではいきませんが、少し開くスピードが速くなっています。

カセットホルダーをメカから切り離します。すり減ったダンパーゴムを交換します。

順番にメンテナンスを行います。化粧プレートを取り外すとリールやヘッドブロックが現れます。

リールを分解し、グリスアップします。アイドラーはギヤタイプですのでメンテナンスフリーです。ただし、アイドラーは摩擦力が肝心ですので、ここにグリスアップすることはタブーです。

続いてピンチローラーです。左側は調整式になっていますので、取り外す前に元の位置を測定します。

以前整備した555ESⅡもそうでしたが、ピンチローラーアームを取り付けるシャフトが緩んでいます。一旦引き抜き、抜け止め処置を施します。

次はキャプスタンフライホイールです。バックプレートを取り外し、分解します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、表面がツルツルになったベルトを交換します。

ピンチローラーを同サイズの代替品新品と交換します。

ヘッドを取り外します。ヘッドを支える3つのスチールボールにはシリコングリスを塗布します。

メカを組み立てました。トレイの開閉は穏やかになりました。

本体に組み付け、走行テストを行います。

ピンチローラーの脱着を行いましたので、ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

巻き取りトルクとバックテンションを測定します。規定値内に収まっています。

ヘッドアジマスを調整します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

左右出力レベルの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力します。

それを録音再生モニターし、先ほどと同じ傾き、長さになるように調整します。

CDを録音し、聴感テストを行います。

メンテナンス完了です。

-TC-K555ESⅡ
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESⅡ

今日は朝からTC-K555ESⅡの修理を行いました。このデッキはカウンター表示に不具合を抱えています。点灯はするものの、誤表示となります。 以前、555ESとの換装を試みましたが、互換性が無いというこ …

SONY TC-K555ESⅡ

SONYのTC-K555ESⅡのメンテナンスのご依頼がありました。 オーナー様は新品で購入したものの、2年ほどで音源をCDに切り替えたため、その後は現在に至るまで物置で眠っていたということです。 一部 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM