Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

古いテープに注意!

投稿日:2020年6月21日 更新日:

これまでこのブログでも何度か記事にしましたが、古いテープ(未開封長期保管品も含む)には時々振り回されることがあります。

少し前になりますが、A&DのGX-Z7100の修理依頼をいただきました。

再生が勝手に停止するということでしたが、機器が到着後に点検しても特に大きな問題は見られませんでした。

そこで、オーナー様にその旨お伝えすると、「2本続けて同じ症状が起きた」とのことでしたので、そのテープをお送りいただきました。

2本とも市販のミュージックテープでしたので、少し嫌な予感がしました。デッキにセットして再生すると、停止はしませんでしたが、「キーーーーー」というテープの鳴きが発生しました。

テープを取り出してよくよく見てみると、

テープの表面が変質しています。以前も一度同じことがありましたが、テープ表面が変質したことにより、サランラップのようにヘッドに張り付いたのが原因です。

 

また、これも最近の出来事ですが、

お客様のデッキを整備後の走行テスト中のことですが、コネクタの接触不良が原因でリールの回転が停止し、テスト用のテープが巻き込まれて再起不能となりました。

仕方ないので、未開封で保管していたテープを卸しました。ところが、録音再生テストを行うと、レベルが波打ちます。最初はデッキの走行系を疑いましたが、テープを替えると問題は起こりません。

そこで、先ほどのテープの表面を見てみると、劣化してシワができています。長期間保管している間に、温度や湿度の変化が影響したのでしょうか?

皆さん、くれぐれも古いテープの使用にはご注意ください。もちろん未開封長期保管品もです。

-日記
-,

執筆者:

関連記事

電解コンデンサーの寿命(測定編)

前回、電解コンデンサーの寿命について、一般論を記事にしましたが、その後、個人的に気になったため、実際に測定することにしました。 まず用意したのは、A&DのGX-Z9000のメイン基板です。GX …

怪現象の正体

DTC-690の修理を行ったときのことです。 メカの分解整備を終え、試運転を行ったところ音が出ないのでクリーニングテープをローディングしようとしました。 DATデッキは、カセットがセットされると、可動 …

ピンチローラー交換用治具作成

SONYのカセットデッキのピンチローラー(左側)は、シャフトの部分が圧入になっています。 ですから簡単には外れません。これまでは、木製の台の上に置いて、先の細いドライバーとハンマーで打ち抜いていたので …

100万アクセス感謝キャンペーンの実施について

  平素より「Audiolife」のブログをご覧いただきありがとうございます。 当店は、2017年6月に「Audiolifeネットショップ」を開店し、中古カセットデッキ及びDATデッキ等の販 …

ヘッドの汚れ(カセットデッキ)

今日はGX-93のメンテナンスを行いました。 メカの分解整備を終えて、テープ走行テストを兼ねて普段から聞きなれたテープをセットし試聴です。 ???音が変です。明らかに高域不足です。また、音量も低い状態 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(現在、電話での修理受付は行っておりません。トラブル防止のため、当店へのご連絡は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@gmail.com

営業時間(Eメールは年中無休24時間受け付けております)
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM