Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESG

SONY TC-K555ESG

投稿日:

今日はSONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K555ESGの修理を行います。

カセットデッキ全盛の時代に発売された機種で、かなりの数が販売されましたが、当時の私には高値の花でした。

再生は可能であるものの、テープにシワができるということですので、左側のピンチローラーの劣化、あるいは調整不良が疑われます。

カバーを開けました。555(333)ESGでは、まず最初に基板の点検を行います。

再生基板です。紫色のELNA製電解コンデンサーに液漏れが発生しています。

デッキを裏返し底板を取り外したところです。録音基板上の先ほどと同じ型の電解コンデンサーに液漏れが起きて基板が汚れています。

まずはメカの整備を行います。本体からメカを取り出し、

カセットホルダーと化粧パネルを切り離します。

調整式の左側ピンチローラーの位置を測定します。0.5mmほど前方にせり出しています。これがテープにシワが付く原因のひとつです。前回整備された時の調整不良でしょうか?

ピンチローラーの取り付け部のシャフトにゆるみがあり共回りします。

アイドラーも取り外し、キャプスタンモーターを切り離します。

先ほどゆるみが見られたシャフトです。

簡単に抜けてしまいますので、抜け止め処置を施します。

キャプスタンモーターを分解します。ベルトはすでに交換済みでしたが、ワンサイズ小さめでキツメでしたので、当店のベルトと交換します。

モーター基板上の電解コンデンサーに液漏れは見られませんが、予防措置として交換を行います。

モーターのメンテナンスは以上です。

メカフロント部です。モーターブロックを切り離します。

ベルトは交換済みでしたが、

プーリーをアルコールで脱脂し、新しいベルトに交換します。

ロータリーエンコーダーを取り外します。

分解すると、接点が汚れているのが分かります。

研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み付けていきます。

ピンチローラーを交換します。

取り外した左側のピンチローラーです。以前修理の際に交換されたものです。

メカを組み立てました。本体に組み込み動作テストを行います。快調です。テープが薄くトラブルが起きやすい150分テープでの再生テストも行います。

続いてオーディオ回路の電解コンデンサーを交換します。基板脱着を行うのでフロントパネルを取り外します。

再生基板、スイッチ基板を取り外します。

これでようやくヘッドホン基板にたどり着きました。

100μFが2個です。

録音基板です。

22μFが6ケ、1μFが4ケです。

交換後の写真です。

最後に再生基板です。

22μFが4ケ、1μFが4ケ、100μFが2ケです。

1μFと100μFの液漏れが顕著です。

交換しました。

ここで再度動作確認を行い、調整に移ります。

左側ピンチローラーの脱着を行いましたので、ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行い、同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、入出力レベル調整を行います。

最後にCDを録音再生モニターし、聴感で音質を確認します。

完成しました。

-TC-K555ESG
-, ,

執筆者:

関連記事

TC-K555ESG カウンター表示不良

珍しい故障に遭遇しました。 SONYのカセットデッキ、TC-K555ESGのカウンター表示ですが、下4分の1が消えています。最初は半田クラックを疑いましたが、そうではないようです。 ESGのカウンター …

SONY TC-K555ESG アイドラー固着

これまでCT-A9DやRS-B100などの修理依頼をいただいたお客様から、ジャンク機として購入されたTC-K555ESGのご依頼をいただきました。 電源が入りません。 ヒューズが切れていました。基板に …

SONY TC-K555ESG ピンチローラーの位置が・・・

今日はジャンク機として入手したTC-K555ESGの修理を行いました。 メカを取り出して、いつもどおりピンチローラーを外す前に位置をノギスで測定しました。 すると、標準的な値より1mm以上フロント側に …

TC-K555ESG 走行停止の原因

TC-K555ESGの整備を終えて、試運転を行いましたが、 再生を開始しても1、2秒でテープ走行が停止します。キャプスタンも回転していますし、リールも一瞬ですが回転しますので、メカ自体の問題では無いよ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM