Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-77ES

SONY DTC-77ES

投稿日:2020年6月27日 更新日:

これまで何度かお取引いただいているお客様からDTC-77ESの修理依頼をいただきました。

最近、中古購入したが再生時ノイズが混じるということです。

カバーを開けました。高級機だけあって中身が詰まっています。トランスもアナログ回路とデジタル回路用の2ケ搭載されています。

純正のスポンジ製ヘッドクリーナーが気になります。ヘッドに悪影響を及ぼすため後ほど撤去します。

動作確認しました。オーナー様も仰っていましたが、可動式テープガイドが僅か手前で停止しています。メカの固着が起きています。

メカを降ろして整備を進めます。

まずはヘッドクリーナーを撤去します。

撤去後です。スポンジカスがドラム周りに散らばっています。

ドラムの回転部の点検を行い、表面に問題が無いことを確認し、カスを清掃します。

ピンチローラーは弾力がありますので、専用クリーナーで清掃し再利用します。

メカを裏返します。

リールユニット、キャプスタンモーターを取り外します。

ギヤ類を取り外します。

古いグリスが固まっています。

CRCで古いグリスを溶かし、機械油やシリコングリスを施します。

ベルトを新品に取り換え、組み付けていきます。

2DDリールユニットです。固着はなく、ブレーキも効いています。

分解します。ブレーキが現れました。

消耗したパッドを張り替えます。

メカを組み立てて、動作テストを行います。テープ走行はOKです。

次はRFアンプのメンテナンスを行います。

分解しましたが、既に処置済みでした。このRFアンプの電解コンデンサー液漏れについては、かなり知れ渡っていますので、前オーナーが所有していた時期に交換されたようです。しかし、以外に知られていない箇所もあります。

フロントパネルを取り外しました。裏側にはディスプレイボードとスイッチボード、リモコン受光基板などが取り付けられています。

まずはリモコン受光基板です。

10μFの電解コンデンサーが1ケありますが、液漏れにより基盤がダメージを受けています。

基板の痛みがあり、同じ位置に半田付けすることができませんので、裏側に取り付けます。

続いてディスプレイボードです。

10μFが1ケ、100μFが3ケあります。これらにより最も発生しやすい不具合は、液漏れによるスイッチの接触不良です。カウンターの「MODE」切替スイッチに不具合が起きたときは、そのすぐ上のコンデンサーが原因です。この機体では僅かに液漏れは見られましたが、スイッチに影響はありませんでした。

4ケとも交換します。

元どおりに組み付けて動作テストを行います。

入出力別、モード別の録音再生状態を確認します。4ヘッド機ですので、録音しながら再生モニターができて、大変便利です。

ところが、少しノイズが乗ります。最初はRFアンプと思い、電解コンデンサーを交換しましたが、変わりはありませんでした。そこで、ヘッドからの信号を点検したところ、ヘッドの故障であることが判明しました。4ヘッドのうち、「録音・再生」用ヘッドのうち、片側の出力がありません。ヘッドの修理はできませんので、オーナー様と相談の上、今後の対応を決定します。

【今回はここまでです。】

(7/16加筆)

オーナー様との協議の結果、ジャンク機からヘッドを移植することになりました。

入手したヘッドの調子はどうでしょうか?

無事、正常に録音再生ができるようになりました。

ようやく完了しました。

-DTC-77ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-77ES

DTC-77ESの修理依頼をいただきました。 シャンパンゴールドモデルです。発売当時はブラックモデルが売れたようですが、現在ではこちらの方が高値で取り引きされています。 テープをセットし動作確認を行い …

DTC-77ESのRFアンプ

今日はDTC-77ESのRFアンプの話です。RFアンプというのは、ヘッドからの信号を最初に処理する役割を担っており、SONYのデッキでは、ドラムヘッドの真上に取り付けられています。 これはDTC-77 …

SONY DTC-77ES ヘッドケーブル断線

今年の1月に当店でDTC-77ESの修理をされたお客様から、もう一台の77ESの修理依頼をいただきました。 「録音が出来なくなり、再生もガサゴソとノイズが出る」ということですので、ヘッド周りにトラブル …

SONY DTC-77ESの分解整備

DTC-77ES不動品が入荷しました。ゴールドカラーの美品です。 トレイ開閉は可能、テープ走行不可、といった具合です。 整備しやすいようトレイメカを分解します。 まずは、標準のヘッドクリーナーです。ス …

SONY DTC-77ES デジタルノイズ

先日に続きDTC-77ESの修理依頼をいただきました。 テープ走行はOKで再生可能ですが、ノイズが混じります。オーナー様はデジタル回路の故障かとご心配されていましたが、先日の77ESと同様、テープパス …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM