Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-WR990

SONY TC-WR990 メカ換装

投稿日:

先日の77ESと同じお客様からのご依頼です。

SONYの高級ダブルカセットデッキTC-WR990です。

デッキA、BともにREV方向の動作不良があります。

また、デッキBは音が出ません。

今回は、デッキメカは、当店の整備済み在庫品と換装を行います。

メカの整備内訳ですが、当店の「リフレッシュメニュー」に準じた整備を行っています。

ピンチローラー左右交換、

キャプスタンベルト、モードベルト交換、ロータリーエンコーダー分解清掃、テープ検出スイッチ清掃などを行っています。なお、調整は、デッキに組み込んでから実施します。

今回はメカの整備は不要ですが、問題は、デッキBの「音が出ない」という不具合です。ヘッドからの信号を追ってみると、基板の故障であることが分かりました。回路図を見る限りICまたはトランジスタの故障と思われますが、スペア基板がありますの交換を行います。この方が費用面においてメリットがある場合がほとんどです。

メカを取り付けるときに注意が必要です。メカを固定するビスは、上部2本と下部2本で長さの違うものが使用されていますが、長いビスを下部に使用すると、メカの可動部と干渉し、リバース動作ができなくなります。

換装が完了しましたので動作テストを行います。テープ走行、リバース動作OKです。もちろんデッキBの再生音も出力されます。

調整に移ります。まずはテープ速度です。電源を一旦OFFにし、基板上のターミナルをショートさせます。電源をONにしたのち、315Hzのテープを再生します。

ハイスピードダビングスイッチを押すと倍速再生になります。

基板上のツマミを回し、倍速の630Hzに調整します。針が多少上下に振れますので、630Hzを中心となるように合わせます。

次はノーマルスピードで調整を行います。デッキBも同様です。

続いてヘッドアジマスです。オートリバースですので、フォワード、

リバースの両方の調整が必要です。デッキBも同様です。

左右同レベルの信号を入力します。それを録音し、再生します。同じ波形になるまで繰り返し行います。

CDを録音し、聴感上のテストを行います。

完成しました。オートリバースのダブルデッキは、なんといっても長時間再生が魅力ですね。

-TC-WR990
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-WR990

このブログ初、ダブルカセットデッキです。 SONYのTC-WR990という機種なのですが、見るのも初めてということで、いつも以上に慎重に作業を進めます。 左側(デッキA)は再生が不動、右側(デッキB) …

SONY TC-WR990

先日に続いてSONYのダブルオートリバースカセットデッキのTC-WR990です。同じお客様からの依頼です。 前回は片側デッキにモーター故障が見られましたが今回はどうでしょうか? デッキA・Bともにイジ …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM