Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z6300EV

A&D GX-Z6300EV リールモーター故障

投稿日:

先日、当店でGX-Z6300EVを修理されたお客様から、もう一台、GX-Z6300EVの修理依頼をいただきました。

トレイ開閉以外は動作しません。

メカを取り出すためにカバーを開けて、フロントパネルを取り外します。

メカを取り出しました。

キャプスタンベルトが切れています。

フライホイールを押さえているプレートを取り外すためには、フロント部の2本のビスも緩めなければなりません。

押さえプレートを外します。モータープーリーにもベルトが貼り付いています。

加水分解で一度溶けたベルトが、乾いています。相当の期間、不動のまま放置されていたものと思われます。

アルコールで綺麗に清掃し、新しいベルトを取り付けます。

フロント部です。

バックテンション用ベルトが無くなっていますので、径35mmのベルトを取り付けます。

VOL類の回りが重いということでしたので。隙間にCRCを注入し、何度かツマミを回転させます。

メカを本体に組み付けましたが、まったく動作しません。どうやらメカを駆動するモーターの不良です。一度回転しだすと回り続けるのですが、テープをセットして低速回転になると停止します。内部の接点に接触不良が起きています。

まずは、モーター内部接点の接触改善を図るため、一旦回転させて、長時間そのまま放置します。途中、何度か状態を確認しましたが、少しリールが回転したと思ったらすぐに停止し、なかなか復活しません。

結局、ひと晩放置しました。これでようやく再生可能となりました。

調整に移ります。まずはテープ速度です。315Hzのテープを再生して調整を行います。

ヘッドアジマスの狂いはほとんどありません。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、グラフが同じ傾き、長さになるよう調整します。

最後にCDを録音再生モニターし、聴感上の音質を確認し完了です。

-GX-Z6300EV
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z6300EV

今日はA&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z6300EVです。以前、何度か修理したことはありますが、当ブログでは初登場となります。 基本的なデザインは姉妹機の7100EVなどと共通です。 ト …

検索

2020年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM