Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-ZE700

SONY DTC-ZE700

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-ZE700の修理依頼をいただきました。

特別な事情があり、どうしても修復したいというオーナー様のご期待に応えるよう頑張ります。

トレイ開閉OK、テープは何とかローディングし、テープも走行しますが、音が出ません。ヘッドクリーニングしても同様です。

早送り等は可です。中身はどんな状態でしょうか。

カバーを開けてメカを観察します。右側のテープガイドが途中で止まっています。これでは音が出ません。

メカを降ろしました。

ローディングベルトは、今にも切れそうです。新品交換します。

メカを裏返し、基板を取り外します。

リールユニットのソレノイドが傾いています。

固定用ビスが2本とも外れています。この状態は、同じメカを採用している他の機種では見たことがありません。DTC-ZE700ではこれまで何度も経験していますので、製造時のミスでしょうね。

元通りに組み付けます。ネジロック剤を施します。

可動式テープガイドを駆動するための白黒ギヤのうち、白いギヤが外れています。

この小さな樹脂製留め具が劣化により脱落したのが原因です。スチール製のEリングに置換します。

テープガイドの動きを点検します。プラスチック製のレールが変形により狭まっているため、途中で引っ掛かります。

狭くなっている箇所をヤスリで削りました。正規の位置まで動くようになりました。

ギヤを脱着してシャフト部に塗られたグリスを清掃し、シリコングリスを塗布します。

リールの回転部分にもグリスアップします。

カセットホルダーです。パーツ同士が擦れる箇所にグリスアップします。そうしないといずれ開閉不良に至ります。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

ヘッドホンVOLに酷いガリが出ていましたので、フロントパネルを取り外し、VOLの裏側の隙間に接点復活剤を注入します。

各モードでの入出力状態を確認し、完了です。

-DTC-ZE700
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-ZE700

昨日と同じDTC-ZE700の修理です。オーナー様も同じ方で、このデッキが故障したことから当店から同型のデッキを購入されたとのことでしたが、昨日のデッキ修理に併せ、点検を行うこととして同梱でお送りいた …

SONY DTC-ZE700

少し前に当店からDATデッキを購入されたお客様から、「故障した」とのご連絡をいただきました。 機種は、DTC-ZE700ですが、CAUTION表示が出てテープが取り出せないとのことです。まだ保証期間内 …

SONY DTC-ZE700

SONYのDATデッキ、DTC-ZE700の修理です。 久しぶりにテープをセットしたら「CAUTION」表示が出て、テープが取り出せなくなったということです。当店のブログを参考にテープを取り出し、メカ …

SONY DTC-ZE700

今回は、同じお客様からDATデッキとカセットデッキの修理依頼をいただきました。まずはDATデッキ、SONYのDTC-ZE700です。数年ぶりに使用したところ「CAUTIONと表示され、再生もイジェクト …

SONY DTC-ZE700

SONYのDATデッキ、DTC-ZE700の修理依頼をいただきました。 発売当時新品で購入したということですが、使用頻度は少ないとのことです。 テープをセットしましたが、ローディング動作に至らず「CA …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM