Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TD-V721

VICTOR TD-V721 定番の故障

投稿日:

VICTORのTD-V721です。

中古購入したときから不具合を抱えていたということです。

再生はするものの、早送りと巻き戻しが不可です。ビクターの定番の故障です。

早速修理に取り掛かります。メカを取り出すためにはSOLID BASEの脱着を伴います。

メカ上部の基板です。ハウジングランプの配線が半田付けされていますので、一旦切り離します。

メカを取り出しました。「リール間にあるアイドラーを駆動するギヤ」「右側リールの斜め上に見えるヘッドの上下などを行うギヤ」が経年劣化により破損します。

モーターごと取り外します。

リールを回転させるためのギヤが完全に欠けています。もう片方異状ありませんが、材質が同じですのでこれも時間の問題です。

同サイズの代替品を取り付けます。

このデッキは、再生時は、キャプスタンの回転をこの黒いアイドラーで直接リールに伝達するようになっています。専用クリーナーで清掃します。

次に移ります。フライホイールの基板を取り外します。

トラブル予防のため、基板上の電解コンデンサーを新品に交換します。

メカを本体に戻して、動作確認を行います。早送り巻き戻し良好です。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。許容値内に収まっています。

再生ヘッドのアジマスを点検します。僅かに狂いが認められます。

ヘッドの調整ネジを回します。右肩上がり45度です。

続いて録音ヘッドのアジマスを点検します。左写真は入力した信号のグラフで位相が一致しています。右写真はそれを録音したものです。

アナログ機ですのでグラフが安定しませんが、先ほどと同様、右肩上がり45度に調整します。

左右同レベルの信号を入力します。それを録音し、同じレベルになるよう調整します。

最後にCDを録音再生モニターし、聴感での音質を確認し完了です。

-TD-V721
-,

執筆者:

関連記事

VICTOR TD-V721 早送り巻き戻し不良

本ブログ初登場のVICTOR製3ヘッドカセットデッキ、TD-V721です。 当時87000円の販売価格ですから高級機に分類されます。 再生はできますが、早送りと巻き戻しが動作しません。VICTORのデ …

VICTOR TD-V721 走行不良

今日はVICTORのTD-V721の修理を行いました。 テープの走行不良です。 早送りと巻き戻しはモーターの音が聞こえるのみです。 再生も途中で止まるということでしたが、正常に動作します。 カバーを開 …

VICTOR TD-V721

VICTORの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TD-V721の修理依頼をいただきました。 故障は、定番の「早送り・巻き戻し不可」です。再生は可能ですが、 早送りと巻き戻しはモーター音が聞こ …

VICTOR TD-V721

今日はVICTORの3ヘッドデッキ、TD-V721の修理を行います。 底板に防振用の高剛性重量級ソリッドベースを装備しているため、見た目よりもかなり重量があります。 不具合は、VICTOR機では定番の …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM