Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100EX

A&D GX-Z9100EX

投稿日:

今日はGX-Z9100EXの修理を行いました。

数年前からローディング等の不具合が発生したということです。ホルダーが取り外された状態で届きました。

何とかテープ走行しましたが、不安定です。また、動作開始時に「ギー」という異音を発します。

カバーを開けました。異音を発しているのは、カムモーターです。軸受けが摩耗していますので交換が必要です。

メカを取り出します。

カセットホルダーに内蔵されている樹脂製のスプリングにヘタリが見られます。

脱着して加熱整形します。

製造時に塗られたグリスが固まってピンチローラーの動きが重くなっています。

可動パーツを分解し、古いグリスを除去、シリコングリスを微量塗布します。

ピンチローラー左右交換します。

動きがスムーズになりました。

リール周りを分解します。

ゴムが接する面は脱脂を行います。アイドラーゴムを新品交換します。

メカ背面の基板を取り外します。

汚れたベルトは交換します。

カムモーターとベルトを交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

本体に組み込みました。動作OKです。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、同じ波形になるよう調整します。

数種類のテープでCDを録音再生モニターし、聴感上の音質を点検し完成です。

-GX-Z9100EX
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100EX バックテンション不良

今日はA&DのGX-Z9100EXの修理を行います。 オークションで動作品として購入されたということですが、バイアスキャリブレーション、音量の上下など録音に不具合が生じているということです。 …

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

A&D GX-Z9100EX

今日はGX-Z9100EXです。 ワンオーナー機ということで、非常に綺麗な機体です。 電源ONでトレイが開いてしまうという定番の故障です。 早速修理に取り掛かります。過去にメーカー修理歴があるとのこと …

A&D GX-9100EX

今日はA&DのGX-Z9100EXです。再生走行が不安定で時々ストップしてしまうのを、だましだまし使用していたのがとうとう動かなくなってしまったということです。 再生できましたが、かなり弱々し …

A&D GX-Z9100EX

同じお客様から2台同時に修理依頼がありました。1台目はSONYのTC-K333ESG、そして2台目はこのGX-Z9100EXです。いずれも当店の得意機種です。 まずはGX-Z9100EXから始めます。 …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM