Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-1000S

PIONEER T-1000S

投稿日:

半年ぶりのT-1000Sです。

トレイの開閉ができないということでしたが、

当店に到着した時点では「WAIT」表示のまま、うんともすんとも言いません。

カバーを開けました。

トレイが開かなければメカを降ろすことができません。まずはメカ内部のプーリーを指で回し、トレイを開けます。

キャプスタンベルトは健全です。

少しコツが必要ですが、化粧パネル、フロントパネルの順に取り外します。詳細は以前の記事をご覧ください。

ようやくメカを取り出すことができました。

白い大きなギヤに合いマークがありますので、分解前に位置を記憶しておきます。

分解は最小限に行います。このメカの位相が狂うと調整が大変です。硬化変形したベルトを交換します。

続いてフロント部に移ります。化粧パネルを外す際にこのスプリングが飛び出さないよう注意します。

リール間の奥にアイドラーがあります。ここも分解は最小限に行います。

右側リールを取り外します。空いたスペースを利用して、ブレーキパーツを取り外します。

アイドラーが現れました。スプリングが内蔵されていますので、スモールパーツが跳ねないように慎重に分解します。

ゴムパーツを交換します。16mm*11mm*2.5mmです。

メカを元に戻しますが、調整を行うため、まだリッドは組み込みません。

アジマスを調整します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の調整を行います。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、同じ波形になるよう調整します。

聴感テストを行い修理完了です。

-T-1000S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-1000S

今日はPIONEERの3ヘッドカセットデッキ、T-1000Sの修理を行いました。 1990年の発売当時100,000円の高級機です。 早送り・巻き戻しはできますが、再生は動作開始後すぐに停止します。 …

PIONEER T-1000S

当ブログ初登場のPIONEERの高性能・高級カセットデッキT-1000Sです。 パイオニア製のデッキは、他メーカーと比べると、独自性が強いという印象があります。 電動のトレイが閉まりません。 カバーを …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM