Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。

大きく2点の不具合があるということです。

1点目は再生時のノイズです。聴くに堪えない状態です。

2点目は、左側表示の暴走ですが、動作確認中には再現しませんでした。いずれにしても操作スイッチの接触不良が原因ですので、交換を行います。

カバーを開けます。標準のスポンジ製ヘッドクリーナーは、変質によりヘッドを痛めますので後ほど撤去します。

テープを再生してみました。予想通り、左側のテープガイドが所定の位置の2mmほど手前で止まっています。そのためテープとヘッドの当たり角度が狂ってノイズが混じります。

早速メカを取り出します。

ヘッドクリーナーを撤去しました。案の定、ボロボロです。

スポンジのカスが散らばっていますが、ヘッドは無事です。この後清掃したのは言うまでもありません。

カセットホルダーです。可動部にグリスを塗布します。勝手にトレイが閉まるという不具合は、ここの滑りの問題です。

メカを裏返して基板を取り外します。

モーターユニットやギヤを取り外していきます。

この部分が固着してます。古いグリスが固まっています。

CRCで固まったグリスを溶かし、シリコングリスを施します。

ベルト交換を行い組み立てていきます。

リールユニットです。分解し、ブレーキに異状が無いか点検します。OKです。

元通りに組み立てます。

本体に仮接続して状態を確認します。クリアな音に変わりました。

メカの整備が完了しましたので、操作スイッチ交換に移ります。フロントパネルを本体から完全に切り離します。

この基板に18ケのタクトスイッチがあります。

すべて取り外し、

新しいスイッチを取り付けます。

フロントパネルとメカを元に戻します。交換したスイッチすべての動作を確認します。

入出力別、モード別の録音再生状態を確認し、完成です。

-DTC-2000ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES

※誹謗中傷を目的とした閲覧や他サイトへの引用は固くお断りします。 先日に引き続き、DTC-2000ESの修理依頼がありました。 依頼内容は、「左側表示パネルの不具合」「マスターVOLのガリ修正」それと …

SONY DTC-2000ES(続き)

ヘッドが故障した2000ESのために、オークションで77ESを入手しました。これで名機を蘇えらせます。 故障したヘッドを撤去します。 77ESからヘッドを移植します。テープパスの調整を行い、つづいて操 …

SONY DTC-2000ES

3週間ほど前にDTC-77ESの修理を依頼された方から、今度はDTC-2000ESの修理依頼がありました。 不具合の状況は、「電源投入するとモータ異音の後EJECT出来ず使用不可」「録音ボタンと早送り …

SONY DTC-2000ES

先日に引き続き、SONYのDATデッキDTC-2000ESです。 「操作ボタンでは動作しない」ということで、地元の修理店に修理依頼したところ「部品が無い」と断られたということです。 イジェクトボタンを …

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM