Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-8030S

TEAC V-8030S

投稿日:

本ブログ初登場のカセットデッキです。

TEACの3ヘッドカセットデッキ、V-8030Sです。これまで下位機種の6030Sは何度か取り扱ったことはありますが、大きな違いは、キャプスタンモーターがDDであるということです。

オーナー様は、オークションで最近入手されたということですが、不調ということで、今回は当店に2点のご依頼がありました。1点目は走行系のメンテナンスで、2点目は、

再生は正常ですが、

録音状態でSOURCEからTAPEに切り替えると、左チャンネルの出力が異常に小さくなる、ということと、バイアスキャリブレーションの不調に関する修理です。

カバーを取り外しました。重いと思ったら、内側に鉄板が貼り付けてあります。

今回のデッキはテープ走行に大きな不具合はありませんので、まずは、録音に関する不具合の原因を探ります。左右のINPUTに、同レベルの315Hz、1000Hz、10000Hzのサイン波を入力します。

それを録音再生モニターし、レベルやバイアス調整ツマミを調整します。点検の結果、基板やヘッドの故障ではなく、全体的な劣化、もしくは、前オーナーがツマミ類を適当に回したことが原因であったと考えられます。詳細な調整は、メカのメンテナンス後に行うこととします。

メカを覆っているプレートを取り外します。これが無いと、トレイ開閉の際にテープ検出スイッチが引っ掛ってしまいます。

化粧パネルを外して、

フロントパネルの右側を3cmほど手前に引き出します。これでメカを取り出すことができます。

 

6030Sとは後姿が異なります。

ダイレクトドライブです。

モーター基板を点検します。コイルが美しいですね。コンデンサーが寝ていますが、これが製造時の状態です。基板実装型を嫌ったものと思われます。

シャフト部にグリスを塗布し、ベルトを交換します。

スイッチ類のメンテナンスを行います。まずはテープ検出スイッチです。

接点を紙やすりで研磨します。

続いてメカの動作状況を検知するリーフスイッチです。このメカの最大のウイークポイントです。経年によりここが接触不良となって不動となりますので、先ほどと同様接点を研磨清掃します。

フロント面の化粧パネルを取り外します。左側リールにバックテンション用のベルトが掛かっていますが、

加水分解が進んで弾力はほとんどありません。新品交換します。

ピンチローラーアームを脱着して、劣化したローラーを交換します。

メカのメンテナンスが完了しました。

本体に組み込み、動作テストを行います。もちろん良好です。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを調整します。

冒頭に記載したとおり、入力に対する録音出力が各周波数でほぼ同レベルになるよう、基板上のツマミを調整します。

最後に数種類のテープを用いて録音ん状態を確認し、

完成しました。

 

-V-8030S
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM