Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-1000S

PIONEER T-1000S

投稿日:

今日はPIONEERの3ヘッドカセットデッキ、T-1000Sの修理を行いました。

1990年の発売当時100,000円の高級機です。

早送り・巻き戻しはできますが、再生は動作開始後すぐに停止します。

カバーを開けました。キャプスタンベルトが無くなっています。

化粧パネル、フロントパネルの順に取り外していきます。

メカを目視点検します。

キャプスタンベルトが2本とも溶けています。

溶けたベルトは、ほとんどがモータープーリーに絡まっていますが、あちらこちらに飛び散っています。

オレンジクリーナーやアルコールを用いて清掃します。

新しいベルト(径73mmと63mm)を取り付けました。

これまで修理歴は無いということでしたが、このメカでは珍しく、このベルトが持ちこたえていました。

しかし、これまでの事例から、スリップして不動となるのは時間の問題ですので、新品に交換します。

続いてリール周りに移ります。化粧パネルを取り外します。

アイドラー周辺のパーツを分解していきます。

アイドラーゴムを交換します。

このデッキは、メカが奥まっていて、ピンチローラーやキャプスタンの清掃が大変です。この機会に専用クリーナーで清掃を行います。

メカを本体に戻して動作テストを行います。後ほどアジマス調整を行いますので、まだリッドは取り付けません。

ヘッドアジマス調整を行います。

315Hzのテープを再生してテープ速度の調整を行います。

バイアス調整(オートです)を行った後に、入出力レベルの調整を行います。

CDを録音し聴感で確認を行います。

ヘッドホンVOLにガリが発生していますので、内部からVOL背面の隙間に接点復活剤を注入します。

完成しました。

-T-1000S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-1000S

半年ぶりのT-1000Sです。 トレイの開閉ができないということでしたが、 当店に到着した時点では「WAIT」表示のまま、うんともすんとも言いません。 カバーを開けました。 トレイが開かなければメカを …

PIONEER T-1000S

当ブログ初登場のPIONEERの高性能・高級カセットデッキT-1000Sです。 パイオニア製のデッキは、他メーカーと比べると、独自性が強いという印象があります。 電動のトレイが閉まりません。 カバーを …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM