Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K333ESL

SONY TC-K333ESL ゴムベルトにおけるブリード現象

投稿日:

SONYのTC-K333ESLです。

突然再生ができなくなったということです。7・8年前も同様の症状になり、他店で修理されたということです。

おそらくベルト劣化によるスリップが原因と思われますが、トレイ開閉はできますので初期症状です。

RECVOLが右側に傾いていて、フロントパネルと干渉しています。まずはここから治します。

カバーを開けて、フロントパネルの化粧板を取り外します。

ツマミを取り外します。シャフト部分が曲がっているのではなく。土台部分が変形しています。一旦VOLを取り外します。

ドライバーで変形を修正し、ツマミ類を取り付けます。

メカのメンテナンスに移ります。カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

ピンチローラー、アイドラーを取り外します。左側ピンチローラーを取り付けるシャフトにゆるみが生じています。

ピンチローラーは再利用が難しい状態です。後ほど交換します。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解します。

ここのシャフトにピンチローラーが取り付けられているのですが、

ゆるみが生じて簡単に抜けてしまいました。このシャフトが抜け出すと、ピンチローラーが前方にせり出してきて、テープの巻き込みの原因となりますので、抜け止め措置を施します。

キャプスタンのシャフトにグリスアップします。

モーター基板上の電解コンデンサーの端子が液漏れにより汚れています。

基板にも多少の影響は及んでいますが、幸いにもプリントパターンに断線はありません。新しい電解コンデンサーを取り付けます。

ベルトを交換し、モーターを組み立てます。

メカのフロント部を分解します。

今回の故障の主な原因は、このゴムベルトのスリップです。前回修理時に交換されたと思われますが、まだ弾力は十分にあります。では、なぜスリップしたのでしょうか?しかし、よくよく観察すると、表面が濡れているように見えます。これは、「ブリード」といって、ゴムのオイル分が表面ににじみ出たことによるものです。ゴムの配合により発生しやすくなりますが、これが原因でスリップを起こしたものと考えられます。

プーリーをアルコールで十分脱脂し、新しいベルトを仮掛けします。

ローターリーエンコーダーを取り外して分解します。

接点が汚れています。研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布し組み立てます。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

組み立てを行います。

先ほど仮掛けしてあったベルトをモータープーリーに掛け直します。

キャプスタンモーターを組み付けます。

ピンチローラーを交換します。コアが劣化してユルユルになっていました。

メカの整備が完了しましたので、本体に戻して走行テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスを点検します。狂いは僅かです。

ヘッドの調整ネジを回してアジマスを合わせます。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、バランスと音量調整を行います。

数種類のテープを用いて録音状態を確認し、修理完了です。

-TC-K333ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K333ESL

昨日のTC-KA5ESと同じお客様がお持ちのTC-K333ESLです。 電源を入れましたが、様子が変です。 カセットハウジングのランプは点灯していますが、カウンター、メーターが点灯しません。操作ボタン …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY TC-K333ESL

今日はSONYの3ヘッドデッキTC-K333ESLの修理です。 トレイ開閉はOKですが、 それ以外は、内部でモーター音がかすかに響くのみで、まったく動作しません。今回は当店の「リフレッシュメニュー」を …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM