Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K222ESL

SONY TC-K222ESL

投稿日:

今日はSONYの3ヘッドカセットデッキ、TC-K222ESLの修理を行います。

電源を入れると「キュッキュッ・・・・」という異音が鳴り続けます。キャプスタンのオイル切れでしょうか?また、操作はまったく受け付けません。

カバーを開けます。

222ESLと222ESAは、必ず点検しなければならない箇所があります。指で指しているのは、アースラインの銅板です。

基板を丸ごと取り外します。

熱による収縮により、先ほどの銅板の半田にクラックが発生します。この機体は無事でしたが、半田を盛ります。

ついでに入出力端子の半田も盛ります。

メカを取り出します。

0

カセットホルダーと化粧パネルを切り離します。

アイドラーとピンローラーを取り外します。

キャプスタンモーターを切り離します。

モーターを分解し、シャフト部にグリスを塗布します。

モーター基板面の電解コンデンサーの端子が液漏れにより汚れています。

リードタイプと置換します。

新しいベルトに交換し組み立てます。

メカのフロント部を分解します。

ベルトが溶けてプーリーに巻き付いています。

アルコールで除去清掃します。

新しいベルトを仮掛けします。

ローターリーエンコーダーを取り外して、

分解清掃します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通りに組み立てます。

劣化したピンチローラーを新品交換します。

左側はコアが簡単に抜けるほど劣化していました。

メカの整備が完了したので本体に組み付けて動作テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生してテープ速度の点検を行います。

ヘッドアジマスに大きな狂いはありませんでした。右は調整後です。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、バランス調整を行います。

最後にCDを録音し聴感で音質を確認し、完成です。調子の良い222ESLは、普及機でありながら高級機を凌ぐ性能を発揮します。

-TC-K222ESL
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K222ESL

先日に続きTC-K222ESLの修理です。 10年ほど前に故障し、不動状態のままだったということです。 トレイが半開きになっている、と思ったら、 リッドのツメの上部2か所が折れていました。これを完全に …

SONY TC-K222ESL

今日はSONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、TC-K222ESLの修理を行いました。 2年ほど前に一度修理を行った機体です。 トレイ開閉はOKですが、 再生できません。 一時停止ボタン …

SONY TCK222ESL

TC-K222ESLの不動品を入手しました。 キャプスタンモーターも回転していませんし、それ以外もまったく反応がありません。 早速メカを取り出して状態を確認します。 ウイークポイントのアシストモーター …

読者からのメール(TC-K222ESL)

このブログをお読みになっている新潟県のK様からメールをいただきました。TC-K222ESLをご愛用とのことですが、不具合を自己解決されたということで、皆さんにご紹介したいと思います。 初めにいただいた …

SONY TC-K222ESL ピンチローラー&基板不良

TC-K222ESLのメカの修理を終え、動作確認しているときにあることに気づきました。テープ走行に合わせ左側のピンチローラーが上下しています。そして、触ると簡単に空転してしまいます。 ピンチローラーが …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM