Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-ZA5ES

SONY DTC-ZA5ES

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESです。

今回の機体は少し深刻です。CLEANINGの表示後にCAUTIONが表示され、操作不能となったため、お客様ご自身で内部を触っているうちにディスプレイが点灯しなくなったということです。

ハウジングランプは点灯していますが、ディスプレイはやはり点灯しません。

カバーを開けました。

電源トランスに施された蝋部分が溶けたと思い、ドライバーで削ったということです。おそらくここにトラブルが生じています。

トランスを取り出して点検を行います。やはり導通がありません。

断線しています。これは修理不可です。

スペア品と交換します。

点灯しました。あとはメカの修理です。電源をONにすると、リールが数秒間高速で回転し、CAUTION表示となります。

メカを降ろしました。

MDボードの半田の状態を点検します。コネクタ部分に怪しい箇所がありましたので、再半田を行います。

しかし、症状は改善されません。

メカを分解していきます。

リングギヤの可動部が途中の状態で固着してます。これが故障の原因でしょうか?

CRCで固まったグリスを溶かしながら除去し、再グリスします。固まりにくいシリコングリスを使用します。

ベルトは新しいものに交換し順番に組み立てていきます。

2DDリールユニットです。

ブレーキの状態を点検します。良好です。

カセットホルダーを取り外します。ホルダーの可動部にグリスアップします。

ピンチローラーを脱着して状態を点検します。弾力は十分ですので、表面を専用クリーナーで処理します。

メカの整備が完了しましたので本体に戻して動作テストを行います。無事復旧しました。

モード別、入出力別の録音再生状況を確認します。

ヘッドホンVOLのガリは、内部から接点復活剤を処置します。

完了です。

-DTC-ZA5ES
-, ,

執筆者:

関連記事

DTC-ZA5ES トレイメカ修理

今日は珍しい修理を行いました。 DTC-ZA5ESのトレイメカですが、トレイの支点部が破損しています。右は正常な状態です。この破損は以前も一度修理したことがあります。 幸いにも破損した部品が残っていま …

ヘッド故障の理由

今回、DTC-ZA5ESのヘッド故障機を2台連続してお預かりしました。DTC-ZA5ESは比較的新しい機種ですが単なる偶然でしょうか?私は日頃DTC-1000ESを愛用していますが、これまでDTC-1 …

SONY DTC-ZA5ES

この記事のひとつ前のTC-KA3ESと同じお客様のDATデッキです。 メカのメンテナンスとヘッドホンVOLのガリ解消というご依頼です。 テープ走行は特に問題ありませんが、ヘッドホン端子からの出力では「 …

SONY DTC-ZA5ES

2週間ほど前にPIONEER D-05の修理依頼をいただいたお客様から今度はDTC-ZA5ESとPCM-7030の修理依頼をいただきました。 PCM-7030は後ほど記事にすることとして、今回はDTC …

SONY DTC-ZA5ES ヘッド固着

SONYのDATデッキ、DTC-ZA5ESの修理依頼をいただきました。 「CAUTION」表示になり動作しないということで、ソニーカスタマーサービスで診てもらったところ、「ヘッドの回転が重い」「ピンチ …

検索

2020年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM