Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:

SONYのDTC-2000ESです。

テープが入ったまま取り出せないということです。

イジェクトボタンを押すと、「OPEN」表示となりますが、トレイが開きません。

操作ボタンによっては表示暴走が発生します。

カバーを開けます。標準のスポンジ製ヘッドクリーナーはまだ残っています。ヘッドの悪影響を及ぼしますので、後ほど撤去します。

ローディングベルトがありません。

切れて内部に落ちていました。折長11cmの新品と交換します。

トレイが開きました。

とりあえず再生も可ですが、今回はメカのメンテナンスを行います。

メカを降ろします。まずはヘッドクリーナーです。

変質し、ボロボロになっています。アームごと撤去します。

トレイメカの可動部にグリスアップします。

メカ底部の基板を取り外すとメカを構成するユニットが現れます。

リングギヤに固着は見られませんが、グリスが固まりかけていて動きが重くなっています。

順番に点検していきます。リールユニットを分解します。

ブレーキパッドの状態は良好です。

構成ユニットを分解します。

可動部をCRCで清掃後、機械油とシリコングリスを施します。

ベルトを新品に交換し、ギヤ類のシャフトなどパーツ同士が擦れる箇所にグリスを塗布しながら組み立てます。

 

トレイユニットを切り離し、ピンチローラーを点検します。

硬化が進行していますので、ゴムを張り替えたものと交換します。

元通りに組み立てます。

続いて操作スイッチの交換を行います。フロントパネルを取り外します。

ここに取り付けられているスイッチの接触不良が原因で、マイコンがオーバーフローし表示暴走が発生します。

新品に交換します。

メカを仮接続し、ボタンの操作状態を点検します。

入出力別、モード別の録音再生状況を確認します。

完了しました。

-DTC-2000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES

3週間ほど前にDTC-77ESの修理を依頼された方から、今度はDTC-2000ESの修理依頼がありました。 不具合の状況は、「電源投入するとモータ異音の後EJECT出来ず使用不可」「録音ボタンと早送り …

SONY DTC-2000ES

以前DTC-ZA5ESの修理依頼をいただいたお客様から、今回はDTC-2000ESの依頼をいただきました。動作不良と右側表示パネル不灯とのことです。 ほどなくして機器が到着したので、まずは状態を確認し …

SONY DTC-2000ES

本日はDTC-2000ESです。先日のDTC-1500ESに続き2回続けて超弩級マシンの修理です。 DTC-1500ESの硬派なイメージに対し、このDTC-2000ESには「上品」「洗練」というソフト …

DTC-2000ES スルーホール腐食

今日は久しぶりにDTC-2000ESの修理を行いました。2年ほど前に当店で整備を行ったデッキになりますが、「CAUTION」表示が出て動作しないとのことです。メカは整備済みで問題は起きないはずですが、 …

SONY DTC-2000ES ピンチローラーの割れ

DTC-2000ESの修理依頼をいただきました。お客様の愛機が故障したもののメーカーでの修理が叶わず、たまたま当店がオークションに他機種の整備済み品を出品していることがきっかけとなりました。 メールと …

検索

2020年8月
« 7月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM