Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESA

SONY TC-K555ESA LCH録音不良

投稿日:

SONYのTC-K555ESAの修理を行いました。

2年半ほど前に一度、他業者経由でベルト交換のみを行った機体です。その時にLCHの録音レベルが小さいことが判明しましたが、「それは修理不要」ということで、そのままにしましたが、今回は、そのことも含めて、オーナー様ご本人から修理のご依頼をいただきました。

再生不可です。今回はリフレッシュメニューで整備を行います。

カバーを開けてメカを取り出します。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

キャプスタンモーターを切り離し、分解します。

基板上の電解コンデンサーに液漏れは見られませんが、

予防措置として新品交換します。

シャフトにグリスを塗布、新しいベルトに交換し組み立てます。

メカフロント部を分解します。

プーリーを清掃します。

新しいベルトを仮掛けします。

ローターリーエンコーダーを取り外して分解します。

汚れた接点を清掃します。最後にスライド接点専用グリスを塗布します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

元通り組み立てます。

ピンチローラーの弾力は十分です。

専用クリーナーで清掃します。新品のように見えますね。

再生はOKになりました。問題はここからです。

MONITORを「SOURCE」状態では正常ですが、

録音状態で再生モニターを行うと、左チャンネルのレベルが非常に小さくなります。しかし、前回修理時の記録を見ると、「3割程度低い」となっていましたが、今回は、それどころではなく、ほとんど録音されないほど症状は悪化しています。

当初は録音基板の故障であろうと見立ていましたが、念のため再度点検を行います。ヘッドは前回の修理時に点検を行っていますので、それ以外の箇所を点検します。

機体を裏返しました。左側の大きな基板が録音基板です。

PCでサイン波を発生させてINPUTに入力します。デッキを録音状態にして、回路図を見ながらその信号がどこで途切れるかオシロスコープを用いて追っていきます。

すると、録音基板から出た信号がイコライザー基板に入って、再び録音基板に戻る際に信号が途絶えました。

そこに何があるかというと、「REC LEVEL」の可変抵抗です。ここは以前から何度もツマミを回して接触不良の有無を確認しています。再度ツマミを左右に回してみましたが、一向に改善は見られません。

試しにスペア品と交換します。

無事復旧しました。意外なところが故障していました。ここにいたるまで半日程度掛かりました。

ようやく点検調整に移ることができました。315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

ヘッドアジマスを調整、

左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、バランス調整を行います。

CDを録音し聴感上のテストを行い、完成です。

-TC-K555ESA
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESA

今年の春に当店でDATデッキの修理と購入をいただいたお客様から、今度はカセットデッキの修理依頼をいただきました。 SONYのTC-K555ESAです。破損防止のため、サイドウッドは外した状態でお送りい …

TC-Kシリーズ、ESG以降に多発する不具合

SONYのESシリーズのカセットデッキは、1989年に発売されたESGモデルから、最終モデルのKAモデルまで、心臓部のメカはほぼ同一です。もちろん、細部は都度見直しされていますが、基本的な設計は変わっ …

SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法(ESL以降モデル)

SONYのESシリーズのカセットデッキにおいて、ピンチローラーのクリーニングを安易に行う方法は、以前以下のとおり記事にしました。 SONY製ESデッキのピンチローラークリーニング法 SONY製ESデッ …

SONY ESG以降のモードベルト交換

SONYのESシリーズのカセットデッキは、ESG以降のメカはほぼ同一(細部が若干仕様変更されています)です。 そして、このメカの最大の弱点は、例に漏れず「ベルト劣化」です。加水分解により弾力が失われ、 …

SONY TC-K555ESAベルト交換

今回はSONYのカセットデッキ、TC-K555ESAの「ベルト交換」の依頼を受けましたので、注意点も含め解説していきます。SONYのカセットデッキは、ESGシリーズ以降の555、333、222及びA7 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM