Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

SONY製ESデッキのピンチローラー

投稿日:

SONYのESG以降のカセットデッキのピンチローラーは、

この写真のように、左右違うタイプのものが使用されています。サイズはもちろんのこと、理由はわかりませんが、ローラーのコア(芯)に使用されている材質が異なります。左側はプラスチック、右側は金属製となっています。

一方、このピンチローラーに起因するトラブルで最も多いのが、左側のピンチローラー劣化がテープ走行不良を引き起こすことによるテープの損傷です。酷い場合は「クシャクシャ・・・」という音と共にテープがシワシワになってしまいます。

このピンチローラーの劣化は大きく2種類に分けられ、「ゴム自体の硬化などの劣化」と「コアの劣化」です。前者は、ローラーの表面の目視点検により比較的気づきやすい劣化ですが、問題は後者です。

同じプラスチック製のコアでも、この写真のように、プラスチックとゴムの間に白い充填剤を用いているものがあります。

このコアが経年により痩せていき、最終的にはスカスカになって、ゴム部分にガタツキが発生します。これは推測ですが、クリーニング液がこの部分に浸み込むことによって、充填剤に悪影響を及ぼしたのではないかと思われます。

当店では、修理時には必ずこの部分の点検を行い、充填剤を用いているタイプは劣化が進行していなくても交換をお勧めしています。なお、他社製のデッキでは同様のものは見たことはありませんのでご安心ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

リモコン受光ユニット交換(流用編)

昨年末に読者の方からTC-K222ESLのリモコン受光ユニット交換に関する情報提供をいただきました。 当ブログでその内容を検証しましたのでご参考としてください。 私の経験上、リモコン受光部の故障は決し …

GX機のパーツ不足

AKAIのGX-93、GX73や、その後継機であるA&DのGX-Z9000、GX-Z7000は未だに人気機種で比較的高値で取引されているようです。 そういったこともあり、修理を依頼されることも …

決して回さないでください。

カセットデッキは「メカ」と「電気回路」を組み合わせた電気製品なのは言うまでもありませんが、ほとんどの機種において、そのいずれも「調整」することが可能なように作られています。 なぜかというと、経年変化や …

グリップとスリップ

カセットデッキにおいて、テープを巻き取るリールを回転させるメカニズムは、SONYのTC-K555ESLなどに多く採用されているギヤ式のアイドラーと、 A&DのGX-Z9000、9100に採用さ …

AKAI(A&D)GX機の使用上の注意

カセットテープを再生(録音)する場合、テープとヘッドの位置関係が常に一定である必要があります。 カセットがぐらつくなど不安定な状態では、再生するたびに微妙に位置がずれてしまいます。そうなると、音質や音 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM