Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K666ES

SONY TC-K666ES

投稿日:

SONYのカセットデッキ、TC-K666ESです。

SONYで666という型番は珍しいのですが、この機種は、左右リールがそれぞれ独立したモーターで駆動されるなど、単に555ESと777ESの中間モデルということではありません。

お話しではピンチローラーが固着しているということでしたが、テープをセットしても反応はありません。また、RECボタンの接触不良があるということです。

検出スイッチを指で押し上げると反応するようになりました。接触不良です。

右側のピンチローラーが脱落しています。

カバーを開けました。メカの後部に半固定抵抗がずらりとならんでいます。

まずはメカを取り出します。

カセットホルダーを取り外します。

この機種の一番の特徴の2DDリールメカです。先ほどの半固定抵抗もこのモーターの調整用です。

ピンチローラーアームを取り外します。

取り付け部のシャフトに塗られたグリスが固まっていますので、CRCで清掃します。

左側ピンチローラーも外れそうになっています。なぜこんなんことになったのかはわかりません。

同サイズの新品と交換します。

テープ検出スイッチの接触不良の件ですが、スイッチを押すレバーのストローク不足が原因であることが分かりましたので、レバーとスイッチの間にスペーサーとして1.5mm厚のゴムシートを切り抜いて接着剤で貼り付けました。

また、RECボタンの接触不良も同じ原因でしたので処置を施しました。

 

無事再生できました。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

ヘッドの調整の詩には、このプレートの脱着を伴います。

再生ヘッドのアジマスを点検します。少し狂いが見られます。

このデッキの調整ネジは、ロック機構が備えられています。

調整後です。

左右同レベルの信号を入力しています。

調整は底板を外して行います。

先ほどと同じ波形に調整します。

CDを録音し聴感テストを行います。

完成しました。ハウジングランプは正面についていて、テープ全体を照らします。また、リール先端のカット部分に光が反射して綺麗です。SONYはなぜ、この2DDリールメカを後継機に搭載しなかったのでしょうね?

-TC-K666ES
-

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM