Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

122mkⅡ

TASCAM 122mkⅡ

投稿日:

TASCAMの3ヘッド、シングルキャプスタンカセットデッキ、122mkⅡです。3台同時に修理のご依頼いただいたうちの2台目です。

リールのトルクが弱く、巻き戻し等で途中停止してしまうということです。

再生は正常ですが、ボタンを押した瞬間、リールが一瞬高速回転するなど、挙動は少し怪しい感じがします。

カバーを開けました。先日修理した112のメカをキャプスタンDD化、3ヘッド化しています。

カセットハウジング内のテープ検出スイッチを指で押してテープがセットされた状態にし、再生ボタンを押します。右側リールのトルクは十分です。

今度は早送り状態にしました。右側リールは軽快に回転しますが、左側のリールの抵抗がかなり大きくなっています。おそらくブレーキが掛かりすぎです。

メカをコントロールするカムを駆動するプーリーを手動で左側に回転させました。すると、早送りのスピードが速くなりました。

まず、オーナー様のリクエスト通り、現状のテープ速度を測定します。315Hzのテープを再生していますので、ほぼジャストです。

メカを取り出しました。

背面の基板を取り外して、

メカをコントロールするカムを回転させるプーリーのシャフト部に若干固着が見られますので、シャフトを清掃し、グリスアップします。

メカを本体に戻します。

メカ背面の基板にカムの回転を制御する半固定抵抗があります。「FAST」を回すとカムが回転しブレーキの効き具合が変化します。

早送り・巻き戻しが高速化しました。

ヘッドアジマスの点検を行います。

録再独立ヘッドです。再生ヘッドの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、録音状態にします。

それをモニター出力しました。録音ヘッドのアジマスに狂いが見られます。

ヘッドを調整します。バランスに狂いがあります。

少し低い周波数でバランス調整を行います。

CDを録音し聴感テストを行います。

完了しました。

-122mkⅡ
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM