Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

XK-009

EXCELIA XK-009

投稿日:

今月2台目のXK-009です。

30年ほど前に新品で購入後、6・7年で故障し、家電量販店に修理を依頼したところ、「部品が無い」と断られ、現在に至るということです。さて、長年の眠りから目覚めることができるでしょうか?

カセットをセットしました。この機種は、テープセット時に「バシャン!」と大きなAMTS音の後に「ガチャガチャガチャ」とスタンバイモードに入るのですが、

スタンバイモードに入らずテープ走行は不可です。

カバーを開けました。使用期間が短かったせいでしょうか?新品のような匂いがします。

メカを降ろす前に、まずは支障となるAMTSのソレノイドを取り外します。

メカを取り出しました。

再生用のリールベルトが無くなっています。

メカ底面です。キャプスタンベルトが破断しています。

カセットホルダーを切り離します。

ベルトは細切れになっています。

折長80mmほどの新品ベルトを取り付けます。

キャプスタンモーターが取り付けられているプレートを外します。

モータープーリーにベルトが貼り付いています。

フライホイールを取り外し、清掃します。

リールモーターを取り外します。

そこにアイドラーが現れます。これは早送り・巻き戻し専用です。

ゴムリングを交換します。14mm*10mm*2mmです。

キャプスタンのシャフト部にグリスを塗布し、

新しいベルトを2本取り付けます。径80mmと73mmです。

続いて再生用のアイドラー交換を行います。モーターを取り外します。

ここのアイドラーはシビアです。以前修理した別のデッキでは14mm*10mm*2mmでOKでしたが、今回はスリップして上手く動作しません。最終的に13mm*9mm*2mmで落ち着きました。

ケーブルを仮接続して動作テストを行います。正常に動作することを確認後、

本体に組み付けます。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。許容値内ですが、

モーターの調整孔にドライバーを差し込んで、315Hzを中心に数値が動くように調整します。

ヘッドアジマスの狂いは僅かです。

バイアスキャリブレーションを行い、左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしながらバランス調整を行います。

ここで周波数特性を点検します。315Hz、1000Hz、10000Hz、12500Hzのサイン波を入力し、それを録音再生モニターします。使用しているテープはグレードの低いTDKのAEですが、高域もほとんど減衰していません。

CDを録音し聴感テストを行い完了です。名機が蘇りました。

-XK-009
-,

執筆者:

関連記事

EXCELIA XK-009

EXCELIA(AIWA)のXK-009の修理を行います。 現在でも非常に人気の高いモデルです。数年前にほかの修理店で修理したということですが、最近突然テープが取り出せなくなったということです。また、 …

EXCELIA XK-009 再生不良

今日はEXCELIA(AIWA)のXK-009の修理を行いました。 一昨日のXK-S9000の前身モデルになります。 カセットテープをセットすると「バン!!」とAMTSが作動するびっくりするような音が …

EXCELIA XK-009

本ブログ初登場のEXCELIA(AIWA)の3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキXK-009です。 音質が良いと評判の、現在も非常に人気の高いデッキのひとつで私も愛用しています。 早送り・巻き戻 …

EXCELIA XK-009

EXCELIA(AIWA)の3ヘッドカセットデッキXK-009の修理依頼をいただきました。 症状はというと、当店のブログに記載している機体と同じで、再生時に右側リールが回転しないというものです。 早送 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM