Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

録音不良の原因は?

投稿日:

何事も基本に従うことは大切です。

デッキの点検を行っていた時のことです。再生はOKでしたが、録音状態を確認すると、

MONITORが「SOURCE」状態では正常でしたが、

「TAPE」にすると酷い状態です。左右レベルに大きな差異がありますし、上書き前の音が残っています。また、波を打ったように不規則に再生音が変化します。ヘッドの汚れかな?と思いクリーニングを行いましたが、まったく改善は見られません。

これは録音ヘッド、または録音回路の故障か?とあれこれ調べましたが、原因はわかりません。しかし、音が不規則に変化するというのは、走行系のトラブルの可能性もありますので、

試しに左側のリール部分にドライバーを当てて、抵抗を加えました。つまり、テープのバックテンションを強くすることにより、テープとヘッドの接触状態を改善するということを試してみました。

すると、何もなかったように音が正常に戻りました。やはりテープのテンションに問題があるようです。

そこで、ヘッド周りを目視で点検すると、ピンチローラーが異常に光っていることがわかりました。

専用クリーナーで念入りに清掃します。かなりの汚れです。

完全復活しました。今回は再生はOKという状態でしたので、ピンチローラーの汚れが録音不良の原因とはなかな気づくことができませんでしたが、まずはクリーニングを行うという基本を守ることが大切と改めて実感しました。

-日記
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-R6 テープ速度不調

先日バックテンションの調整を行い快適に動作していたTC-R6ですが、今度は突然、テープ速度に異変が生じました。電源をONにし、再生を開始すると、女性ボーカルのはずが男性ボーカルになっています。明らかに …

輸送中の破損に注意!

先日オークションでGX-Z9100EXのジャンク機を落札しました。左側のテープガイド破損があるとのことですが、スペアパーツを持っていて特に問題にはならないので入札しました。外観も写真で見る限りまあまあ …

基板ショート~復旧へ

GX-9のメカの整備を終え、走行テストを行おうとしたときのことです。 AKAIやA&Dのデッキは、基盤が上下2層に分かれているものが多く、このデッキも例に漏れず上部にコントロール基板、下部にメ …

「使用前に必ずお読みください」

デッキを納品した後に発生する初期不良のほとんどが「古いテープの使用」によることは以前も記事にしましたが、依然としてその対応に追われることも少なくありません。そこで、機器を納品する際に、以下文面を記した …

オークション

カセットデッキやDATの製造が中止され既に10年以上が経過しました。 メーカーによる部品供給もストップし、故障や破損、消耗した部品を入手するためには、オークションでジャンク機を丸ごと入手するのが最も手 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM