Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTR-2000G

DENON DTR-2000G

投稿日:

本ブログ初登場のDENON製DATデッキ、DTR-2000Gです。

この機種については、ブログ開設前に何度か取り扱いを行ったことがありますが、パーツ入手の関係上、修理不可となるケースが多くありました。そのため、ここ何年かは受け付けをしていませんでしたが、今回は、お得意様からのご依頼ということで、ダメ元覚悟で修理着手に至りました。

トレイ開閉はOKですが、ローディングが途中で止まっているような感じです。

カバーを開けます。ヘッドが回転していることは確認できましたが、テープガイドが途中で止まってしまいます。

トレイユニットを取り外しました。ここまでは特に異状は見られません。

メカを降ろします。底面に基板が取り付けられています。

その基盤を取り外し、テープガイドの駆動部にアクセスできるまで分解を進めます。

キャプスタンモーターも取り外します。このメカはキャプスタンモーターの回転を利用してカムを回転させ、それにより銀色のレバーが左右に振れて、テープガイドのギヤを回す仕組みになっていますが、このギヤの噛み合わせが狂っていました。おそらくテープの巻き込みがあって、無理に取り出したときにテープガイドに必要以上の力が加わったことが原因と思われます。何度かギヤの噛み合わせについて試行錯誤を繰り返し、ようやくベストな状態にセッティングすることができました。

メカを本体に戻しました。テープローディングは正常に戻りましたが、音が出ません。

RFユニットの電解コンデンサーを交換します。

音が出ましたが雑音が混じっています。

オシロスコープを接続してテープガイドの調整を行います。これでノイズは消えました。

フロントパネル下部のパネルが開きません。

この位置にパネルをロックする機構がありますが、故障してロックしたまま作動しません。パーツは入手できませんので、少し手を加え、

ひとまず開閉はできるよう処置を行いました。

入出力別の録音再生状況を確認し、修理完了です。テープをローディングするときの「カシャカシャカシャ」という精密機械のような音が懐かしいですね。オーナー様のご期待に応えることができてひと安心です。

-DTR-2000G
-,

執筆者:

関連記事

関連記事はありませんでした

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM