Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-1100S

PIONEER T-1100S 回転センサー故障

投稿日:

PIONEERの高級3ヘッドカセットデッキT-1100Sの修理依頼をいただきました。

テープ走行が開始後すぐ停止する、ということでしたので、アイドラーのスリップが原因と当初は想定していました。

このデッキも例に漏れずベルト劣化による故障が必ず起こります。以前にメーカーで修理されたということですので、その時にベルトは交換されたと思われますが、10年ぶりに動かそうとしたところ、不具合が発生したようです。トレイ開閉はOKですので、モードベルトの状態は問題ないと思われます。

テープをセットして再生や早送りをしてみます。最初はリールが普通に回転しだすのですが、すぐに止まります。

カウンターはまったく動きません。ということはリールの回転を検知できていないということになります。

カバーを開けて、化粧パネル、フロントパネルの順に取り外していきます。

ようやくメカを取り出すことができました。

左側のリールに回転を検知するセンサーが取り付けられています。

センサーを取り外すにはリールの脱着が必要です。

正式名称はフォトインプラプタGP1A51HRです。発光ダイオードと受光部がセットになっていて、リールの羽根がその間を通過するときに信号を発します。おそらくこれが故障していると思われますが、そうでない場合は基板上のICの故障ということになり修理不可です。

部品を発注したところ、アメリカから3日で到着して驚きました。ただし、部品代よりも送料の方が高価です。

交換しました。

念のためベルトの状態を点検します。やはり交換済みです。

元通りに組み立てます。

緊張の一瞬です。カウンターも動作し、勝手に止まることはありません。

調整に移ります。315Hzのテープを再生し速度調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアス調整を行った状態で左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

CDを録音し聴感テストを行います。

ヘッドホンVOLにガリが見られますので、機器内部からVOL背面の隙間に接点復活剤を注入します。

完成しました。センサーの故障は100件に1台も無いほど珍しい故障ですが、無事終えることができました。

-T-1100S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-1100S 修理不可品の修理

当店に持ち込まれる故障デッキには、メーカーサービスや他店で「修理不可」と判断されたものも少なくありません。今回の修理も少し前に同様の扱いを受けたデッキに関するものです。 PIONEERの高級カセットデ …

PIONEER T-1100S 異音発生

今日は、少し前に当店で修理したPIONEERのT-1100Sに発生したトラブルについてです。その時の修理記事は以下ご覧ください。 PIONEER T-1100S 回転センサー故障 その時は、故障の原因 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM