Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ES

SONY TC-K555ES

投稿日:

これまで何度か当店をご利用いただいたお客様のご依頼です。

SONYの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキTC-K555ESです。

「再生するものの走行ムラがある」というお話でしたが、聴感上の問題はありません。また、念のためワウフラッターを測定しましたが、同様です。ただし、再生開始時の立ち上がりに1秒程度音質が変化しますが、この機種にはテープをセットしたときにたるみを取る機能がありませんので、このことについてはやむを得ないと思われます。

不具合のもう一点、ダンパーの劣化によりトレイ開閉がロケットオープンになっています。

カバーを開けます。メカを取り出すためには基板が邪魔です。

基板を浮かせました。この頃のデッキはケーブルがジャングルです。

再生ヘッドのコネクタは右側の2層になっている基板の上側に取り付けられています。

メカを取り出しました。

2本あるキャプスタンベルトは硬化してスリップ気味ですので交換を行います。

フライホイールのバックパネルを固定しているビスがモーターの陰に隠れていますので、モーターを反時計回りに回して取り外します。モーターには基板が取り付けられていますが、破損防止のため基板には力を加えないよう注意が必要です。

フライホイールは一旦取り外し、シャフト部にグリスを塗布します。

新しいベルトを掛けます。

ロケットオープンの修理です。カセットホルダーを切り離します。

ホルダーの左側にダンパーが取り付けられています。

見た目では分かりませんが、硬化や摩耗によりスリップが生じやすくなっていますので新品に交換します。

ピンチローラーを取り外します。

同サイズの新品に交換します。

カセットホルダーを組み付け、開閉の確認を行います。スムーズに動きます。

カセットハウジング内の化粧パネル裏側にはプリズムが取り付けられています。左右リールの間にあるランプの光をセンサーまで導くためのものですが、プリズムの曇りにより不具合が起きますので清掃します。

本体に組み込みます。動作良好です。

ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生して速度調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、それを録再モニターします。録音ヘッドのアジマスに狂いが見られます。

調整後です。

ここで新たな故障を発見しました。「SOURCE」は点灯しますが、「TAPE」が点灯しません。

なぜか上下で別なタイプのランプが使用されています。

ランプ交換しました。

完成しました。

-TC-K555ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ES 録音不良

当ブログ初登場のTC-K555ESです。 再生は正常ですが、録音不可の状態です。通常、両CH同時の不具合は電源に問題がある場合が多いのですが、テスターを当てたところ特に異常は見られません。そこで、色々 …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM