Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-K555ESⅡ

SONY TC-K555ESⅡ

投稿日:

今回は先日の555ESに続き、555ESⅡの修理です。

外観は旧モデルに似ていますが、中身はリニューアルされています。

再生ボタンを押すと、通常は「ガチャン」とソレノイドの音がしてヘッドとピンチローラーが上がるのですが、それが無く、単なる早送りになります。

カバーを開けると、前モデルとはまったくレイアウトが異なることが分かります。メカは基本的な部分は共通ですが、キャプスタンモーターはDDとなっています。

メカを降ろしました。向かって左側にヘッドとピンチローラーの上下動を行うソレノイド(黄色の部品)が備えられていますが、まったく動きません。テスターで電圧が加わっていることは確認できましたので、ソレノイド自体の故障、またはメカの固着が原因と思われます。

メカ背面のプレート、キャプスタンフライホイールを取り外します。

ヘッドの上下を駆動するこのレバーの支点部が固着しています。

ソレノイドを脱着しますが、取り付け位置は調整式になっていますので、取り外す前に位置を測定しておきます。そうしないと、組み立て後にソレノイドが上手く動作しません。

古いグリスが固まっていますので清掃&グリスアップを行います。

ベルトを交換し、元通りに組み付けます。

ピンチローラーを同サイズの新品に交換します。

このメカで注意しなければならないのは、ヘッドを支えている3つのスチールボールです。ヘッドブロックを浮かすと簡単に脱落してしまいますので、

シリコングリスを多めに塗布し、脱落を防止します。

トレイのロケットオープンを修理します。ダンパーゴムのOリングを交換します。

カセットハウジングの化粧パネルです。裏側にリールの回転を検知するための光を導くプリズムが付いています。

ここの曇りにより誤作動を起こすことがありますので清掃します。

トレイ開閉状態を確認します。

メカの動作状況を確認します。

本体に組み込みました。

調整に移ります。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、バランス・レベル・録音ヘッドのアジマス調整を行います。

CDを録音し聴感テストを行います。ハイポジションでの音質が悪いと思ったら、テープポジションセレクターのスイッチの接触不良が原因でした。内部からスイッチの隙間に接点復活剤を注入し改善します。

完了です。

-TC-K555ESⅡ
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K555ESⅡ

SONYのTC-K555ESⅡのメンテナンスのご依頼がありました。 オーナー様は新品で購入したものの、2年ほどで音源をCDに切り替えたため、その後は現在に至るまで物置で眠っていたということです。 一部 …

SONY TC-K555ESⅡ

今日は朝からTC-K555ESⅡの修理を行いました。このデッキはカウンター表示に不具合を抱えています。点灯はするものの、誤表示となります。 以前、555ESとの換装を試みましたが、互換性が無いというこ …

SONY TC-K555ESⅡ メンテナンス

今回は動作品のメンテナンスをご依頼いただきました。 SONYのTC-K555ESⅡです。 トレイが多少強めに開くという以外は大きな問題は無いということです。 カバーを開けました。当初は「清掃」もという …

検索

2020年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM