Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z9100EV

A&D GX-Z9100EV

投稿日:

A&DのGX-Z9100EVです。

現オーナーがお父様から譲り受けたということですが、動作不良があり当店にお声掛けをいただきました。

電源をONにするとトレイが勝手に開きます。

修理歴は無いようです。

メカを取り出します。

カセットホルダーを切り離します。

ホルダー内には、カセットテープを押さえ付ける樹脂製のスプリングが装備されています。

長年の使用によりヘタリがみられますので、加熱整形します。

ヘッドやピンチローラーアームの固着はありませんが、古いグリスが固まりかけています。

分解し、古いグリスを拭き取って、シリコングリスを塗布しながら組み立てます。

硬化が見られるピンチローラーは同サイズの代替品新品に交換します。

ヘッド周りを組み立てます。左側ピンチローラーは、調整式になっていますので、元の同じ位置に調整します。

左右リールとアイドラーを取り外します。

ゴムリングの当たり面を清掃し、アイドラゴムを交換します。

メカの背面の基板を取り外します。

古いベルトは交換します。ベルトカスが付着していますので、ザラツキが無くなるまで除去します。

硬化変形したカムモーターのベルトを新品交換します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、元通りに組み立てます。

メカの整備が完了しました。

本体に組み込みました。動作OKですので調整に移ります。

左側ピンチローラーの脱着を行った場合、テープパス点検は必須です。ミラーカセットを用いてテープの走行状態を目視で点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。許容範囲内に収まっています。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

バイアス調整を行い、その状態で左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、バランス調整を行います。録音ヘッドのアジマスの狂いはありません。

数種類のテープで録音再生状況を確認し、修理完了です。

-GX-Z9100EV
-, ,

執筆者:

関連記事

A&D GX-Z9100EV トレイ蓋が開きません

GX-Z9100EVの修理依頼をいただきましたが、 電源を入れると「キュー」という聞いたことの無い音がします。 いきなり問題が発生しました。トレイがここまでしか開きません。テープがセットされたままです …

A&D GX-Z9100EV 録音時のノイズ

今回はA&Dのフラッグシップモデル、GX-Z9100EV動作品の修理です。 「録音時にノイズが乗る」「RECVOLを回しきるとノイズが発生する」という不具合を抱えています。 電源をONにすると …

GX機のカムモーター

AKAIのGX-93、GX-73、A&DのGX-Z9000、GX-Z7000、GX-Z5000、GX-Z9100(EX、EV)、GX-Z7100(EX、EV)のメカには、モーターは3種類使用さ …

A&D GX-Z9100EV

A&DのGX-Z9100EVの修理依頼をいただきました。 機器が到着しましたが、トレイと蓋が欠品しています。蓋はともかくとして、トレイはメカを組み込む前に取り付けなければなりませんので、早速オ …

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

検索

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM