Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-R65CX

A&D GX-R65CX モーター故障

投稿日:

久しぶりにA&Dのオートリバース機の修理依頼をいただきました。

GX-R65CXです。

不具合の1点目、トレイは電動でOPENしますが、

閉まる時に引っ掛かります。

原因はすぐにわかりました。

リッド(蓋)を引っかけるツメのうち、左側が折れています。後ほどホルダーを交換します。

早送り巻き戻し、ヘッドのリバースは正常ですが、キャプスタンが回転しないため再生不可です。

カバーを開けます。3モーターです。一番左側がキャプスタンモーターです。

フロントパネルを取り外してメカを取り出します。

おそらくこのモーターが故障しています。これまで何度か同様の故障を見てきました。

モーターを切り離しました。固着してほとんど動きません。

元々のモーターはEG-500AD-2Bという、12V2400回転のモーターですが、用意したのは同じ規格のEG-530AD-2Bという少し小型のモーターです。これで問題無く動作します。

モーターを交換しました。本体に仮接続してテストを行います。再生可能な状態になりました。

メンテナンスに移ります。テープ検出スイッチの接点を清掃します。

このスイッチは、手動でトレイを閉めたときに電動で作動するためのものです。ここも清掃します。

このカバーの下にはカムとスイッチが2ケあります。丸い穴が開いているところに接点がありますので、細長いヤスリを差し込んで接点を清掃します。

スペアのカセットホルダーを用意しました。

左は正常な状態、右はツメが折れた状態です。

ピンチローラーを左右とも交換します。

リール周りを分解します。このメカはアイドラーがギヤ式ですので、本来はメンテナンスフリーなのですが、

黒いプラスチック部分が割れています。このままでは、中心部のシャフトがスリップし、動作不良となります。スペア品は入手できませんので、分解し、シャフト部に接着剤を塗布します。

元通りに組み立てます。

動作良好です。

このメカにはスライドVOLが3ケ使用されています。ガリが発生していますので接点復活剤を隙間から吹き付けます。

315Hzのテープを再生して速度の調整を行います。

ヘッドアジマスが大幅に狂っていました。調整後は音質が劇的に変化しました。オートリバース機はFWD・REV両方の調整を行います。

入出力のバランス調整を行います。

複数のテープを使用して録再状況を点検し、修理完了です。

-GX-R65CX
-,

執筆者:

関連記事

A&D GX-R65CX

今日の修理はA&Dのカセットデッキ、GX-R65CXです。 不動品を入手しましたので、修理&整備したいと思います。 このデッキは、AKAI時代のGX-R70やGX-R60あたりの血統を受け継い …

GX機トレイ補修

AKAI、A&DのカセットデッキでGX-93、73、GX-Z9000、7000、GX-Z9100、7100のカセットホルダー(トレイ)は、構造がほぼ同一です。 この箇所で一番多い故障は、モード …

AKAI GX-R機におけるアイドラーのトラブル

今日は、1か月ちょっと前に、オークションに出品し落札されたAKAIのGX-R75CXの話です。 商品をお届けして3週間ほど経過したときに、落札されたお客様からデッキに不具合が起きている旨のご連絡をいた …

検索

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM