Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-6030S

TEAC V-6030S

投稿日:

TEACのV-6030Sの修理依頼をいただきました。

十数年前に中古購入したデッキで、最近再生不可となったということです。

早送り巻き戻しは正常ですが、再生は、一瞬リールがピクリとしますが、テープ走行しません。

左側のキャプスタンが回転していないのが原因です。このデッキはダイレクトドライブではないので、左側のみ回転しないというのは考えにくいのですが・・・

カバーを開けました。キャプスタンベルトは掛かっていますが、スリップしています。指でアシストしてみると、

とりあえずテープ走行しましたが、ベルトがスリップしているため回転が不安定です。

化粧パネルを取り外し、メカを取り出します。

メカの点検を進めます。

ベルトは加水分解により軟化し弾力が失われています。

ベルトを交換するためには、トレイ開閉用の一部パーツの脱着が必要です。

古いベルトを取り外します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布します。

テープ検出スイッチの接点を清掃します。

新しいベルトを掛けて組み立てます。

フロント部の点検に移ります。

バックテンションベルトが無くなっています。いつからでしょうか?40mmのベルトを掛けます。

ピンチローラーを新品に交換します。

モード検出スイッチの接点を清掃します。

メカの整備が完了しましたので本体に組み込みます。ベルトがグリップしましたので少し回転が高速です。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。かなり速い状態です。おそらく過去にベルトがスリップしている状態で速度を合わせたものと思われます。右写真は調整後です。

ヘッドアジマスの調整を行います。

バイアス調整を行い、左右同レベルの信号を入力します。それを録音再生モニターし、バランス調整を行います。

数種類のテープを用いて聴感テストを行い、完成です。

-V-6030S
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-6030S

以前当店にDATデッキ3台の修理依頼をいただいたお客様から今回はカセットデッキの修理依頼をいただきました。 TEACのV-6030Sです。1994年頃発売、当時70,000円で販売されていましたから中 …

TEAC V-6030S

本ブログ久しぶりの登場となるTEACの3ヘッドデュアルキャプスタンモーターモデル、V-6030Sです。 現在も人気の高いモデルです。 早送り、巻き戻しは正常ですが、再生ボタンを押すと、1~2秒テープ走 …

TEAC V-6030S モーター換装

当店のショッピングサイトに出品するために購入したジャンク機、TEACのV-6030Sですが、修理完了間際にトラブル発生です。 再生が超速回しです。キャプスタンモーターの故障です。 仕方なくメカを再度取 …

TEAC V-6030S

今日はTEACの3ヘッドカセットデッキ、V-6030Sの修理を行います。 「再生不可」です。 動作確認を行います。テープをセットして再生ボタンを押します。 少し動作したと思った瞬間、ディスプレイが消え …

検索

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM