Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

CR-30

Nakamichi CR-30 音揺れ

投稿日:

ナカミチのCR-30です。

オークションで入手したものの、再生不良とのことです。

ヘッドホンジャックが破損しています。以前、LX-5でも同様のケースがありました。

テープをセットしました。早送りや巻き戻しは快調ですが、再生を開始すると内部から大きな異音が聞こえ、また、再生音については激しい音揺れが生じています。

カバーを開けて点検を行います。はじめに目に飛び込んできたのは、メカのベルトです。なぜか天然ゴムのベルトが使用されています。

メカを固定しているビスが欠落しています。以前ベルト交換された際に紛失したのでしょうか?

メカを取り出しました。ヘッドホンジャックは先端部が割れてフロントパネルから脱落しています。

まずはベルトを交換します。100均で売られているようなゴムベルトです。こういった類のベルトは厚さが均一でないため、音揺れが発生します。また、このベルトが周辺に擦れて大きな異音が発生していたようです。そもそも、天然ゴムは耐久性がありませんので、こういった箇所に用いるものではありません。オークションでもカセットデッキ用ベルトとして出品されているのを見たことがありますが、決して使用してはいけません。

合成ゴムで製造されたベルトに交換します。本体に仮接続して再生状況を確認します。これで音揺れと異音は解消されました。

点検を進めます。バックテンションベルトが紛失しています。どこに行ったのかというと、

溶けてリールに巻き付いていました。アルコールで清掃を行い、

新しいベルトを掛けます。

テープをセットしたことを検出するスイッチです。接点を清掃します。

ここにもスイッチがあります。モードを検出するためのものです。接点を清掃します。

ヘッドホンジャックを交換します。

メカを本体に組み込み、動作テスト良好です。先ほどとは別物です。

315Hzのテープを再生して速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマスに狂いはありません。

録音ヘッドのアジマスを点検します。左は入力、右は出力の信号です。結構な狂いが見られます。

調整後です。

リッドの窓に曇りが見られますので、取り外して清掃します。綺麗になりましたね。

複数のテープでCDを録音し聴感テストです。

ナカミチが蘇りました。

-CR-30
-,

執筆者:

関連記事

Nakamichi CR-30 バイアス調整

少し前に当店でDATデッキを修理されたお客様からカセットデッキのメンテナンス依頼がありました。 機種はナカミチのCR-30、3ヘッドデュアルキャプスタンモデルです。 依頼内容は、「中古で入手したものの …

検索

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM