Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-77ES

SONY DTC-77ES トレイ開閉不可

投稿日:

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESです。

トレイが開かなくなったということです。

リモコンも反応しません。

そもそも電源ONで即CAUTION表示ですので、動くはずがありません。

メカを取り出して、ほかの機体に接続してみます。症状は変わりませんので、メカ部分の故障であることが確定しました。

ローディングモーターに接続されているコネクタを外してみました。すると、電源ON後のCAUTION表示は無くなりました。この辺りに故障が発生しているようです。

トレイが「開」または「閉」であることを検知するためのスイッチは、それぞれ1ケずつあります。そのうち、「閉」を検知するためのスイッチが常時ONになっていました。

そのスイッチを交換すると、正常に復帰しました。少し前にDTC-57ESでもこの型のスイッチ故障を修理しましたが、これからこういった故障が増えるのでしょうね。

分解整備を行います。

リングギヤの可動部が中途半端な位置で固着してます。

メカを分解していきます。

製造時に塗られたグリスが固まっています。

清掃&再グリスしました。可動部が滑らかにスライドします。

リングギヤを取り付け、スムーズに回転する位置に調整します。

ベルトを新品交換します。残りのギヤもグリスを施しながら組み付けます。

ヘッド周りを点検します。純正のスポンジ製ヘッドクリーナーが見えます。

カセットホルダーを取り外します。

スポンジは変質しボロボロです。アームごと撤去します。

ヘッドの回りにカスが散らばっています。

変質したスポンジによりヘッド表面が荒れています。爪楊枝など柔らかいもので除去します。

ピンチローラーの状態は良好です。

メカを本体に組み付けて、録音再生機能のチェックを行います。

完成しました。

-DTC-77ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-77ES

今日はDTC-77ESの修理です。 再生終了後にEJECTしようとしたところ、突然動作不可となったということです。 電源をONにすると「ウィーン」とモーターの音が聞こえ、「CAUTION」表示となり操 …

SONY DTC-77ES ヘッドケーブル断線

今年の1月に当店でDTC-77ESの修理をされたお客様から、もう一台の77ESの修理依頼をいただきました。 「録音が出来なくなり、再生もガサゴソとノイズが出る」ということですので、ヘッド周りにトラブル …

DTC-77ESのRFアンプ

今日はDTC-77ESのRFアンプの話です。RFアンプというのは、ヘッドからの信号を最初に処理する役割を担っており、SONYのデッキでは、ドラムヘッドの真上に取り付けられています。 これはDTC-77 …

SONY DTC-77ES ヘッドチップに付着した汚れ

4年以上前に当店で修理したDTC-77ESのお客様から、「突然音が出なくなった」とご連絡をいただきました。 早速機器をお送りいただいて、動作確認します。状態ですが、再生は無音、録音再生モニターでは、上 …

DTC-77ES 録音不良

昨日DTC-2000ESからヘッドを移植したDTC-77ESですが、その後の動作テストで新たな不具合が発見されました。 再生は正常ですが、録音ができません。勝手な想像ですが、この機体のヘッドが人為的に …

検索

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM