Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-77ES

SONY DTC-77ES

投稿日:

先日に引き続き、SONYのDTC-77ESの修理を行いました。

 

数年ぶりに再生したところ、音の歪みや途切れといった症状が見られたということです。おそらくメカの固着です。

酷いノイズ交じりの再生音です。

カバーを開けました。

メカを観察します。左側のテープガイドが所定の位置の直前で停止しています。そのためテープとヘッドの接触状況にズレが生じ、ノイズを発します。

メカを取り出します。

底面の基板を取り外します。リングギヤにべっとりとグリスが塗られています。

構成ユニットを分解します。

問題のリングギヤです。グリスが固まって可動部が固着しています。

CRCで古いグリスを溶かし、機械油、シリコングリスを施します。動きがスムーズになりました。

硬化変形したベルトを交換し、ギヤ類を組み付けます。

2DDリールメカです。ブレーキパッドが剥がれて貼り付いています。

ブレーキを分解し、

ボロボロになったパッドを交換します。

カセットホルダーを取り外します。ヘッドに悪影響を及ぼす標準のスポンジ製ヘッドクリーナーをアームごと撤去します。

案の定、性状が変化しボロボロになっています。

そのカスがヘッドに付着しています。回転する上側については、テープと接触しますので、カスを除去します。

ピンチローラーの状態を点検します。問題ありません。

メカを元通り組み立てて、本体に仮接続します。再生音はクリアになりました。

RECVOLのツマミがガタついています。

六角レンチを用いてツマミを脱着し、ナットを増し締めします。かなり緩みが見られましたが、製造時の問題でしょうね。

入出力別、モード別の録音再生状況を確認します。

修理完了です。

-DTC-77ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-77ESの分解整備

DTC-77ES不動品が入荷しました。ゴールドカラーの美品です。 トレイ開閉は可能、テープ走行不可、といった具合です。 整備しやすいようトレイメカを分解します。 まずは、標準のヘッドクリーナーです。ス …

SONY DTC-77ES トレイ開閉不可

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESです。 トレイが開かなくなったということです。 リモコンも反応しません。 そもそも電源ONで即CAUTION表示ですので、動くはずがありません。 メカを …

SONY DTC-77ES

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESの修理依頼をいただきました。 お客様からのお話では、以下不具合を抱えているということです。 1「再生音が途切れる」 2「早送り巻き戻しが遅い」 3「再生 …

DTC-77ES MODEスイッチ不良の原因

SONY製のDATデッキ、DTC-77ESのフロントパネル基板の電解コンデンサー不良の話は以前の記事に書きましたが、このことと関連する故障が最近多発しています。 それは、カウンターの「MODE」スイッ …

SONY DTC-77ES

これまで何度かお取引いただいているお客様からDTC-77ESの修理依頼をいただきました。 最近、中古購入したが再生時ノイズが混じるということです。 カバーを開けました。高級機だけあって中身が詰まってい …

検索

2020年9月
« 8月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM