Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-900X

TEAC V-900X

投稿日:

今年2台目のTEAC V-900Xです。

「テープ走行不良」「ディスプレイのテープポジション表示不良」「dbx使用時にLチャンネル無音」など不具合を抱えています。

再生ボタンを押すと、一瞬音が出ますが、右側リールが回転せずに即停止します。

カバーを開けて目視点検を行います。

リールモーターに電圧は来ていますが、回転しません。そこで、モーター部のギヤをドライバーでつつくと、回転が始まりました。先日のZX-5と同様、モーター内部の接点が接触不良状態だったようです。

とりあえず再生可能な状態になりましたが、このままでは不具合が再発するのは間違いありません。。

モーターのリフレッシュを行います。テープの無いカセットを用意します。

それをセットし、早送り状態で1日放置します。これで内部接点の接触状態の改善が期待できます。

ひと晩経過しましたので、順番に不具合を解決していきます。まずはdbx使用時の問題です。dbxの基板は、本体の右側後部にあって、メイン基板とコネクタ接続されています。以前修理した同型機もそこに不具合が生じていました。

底板を取り外し、dbx基板のコネクタ接続部を点検します。

予想通り、半田割れが生じています。すべての箇所を再半田します。

続いてテープセレクターの接触不良です。

リールモーターの左右にスイッチがありますので、脱着して接点を清掃します。

フロントパネルを取り外します。メカを取り出す際には、メカと本体底部の間に挟まれているプレートを引き抜くと簡単に取り出すことができます。

メカを取り出しました。

カムモーターベルトは健全です。

カセットホルダーを取り外してアイドラーにアクセスします。

ゴムリングは、かなり硬化していますので、新品に交換します。

メカを本体に戻して動作テストを行います。不具合はすべて解消されました。

しかし、RECVOL、OUTPUTのツマミを回すと酷いガリが発生します。内部から、VOL内部に接点復活剤を注入します。

操作ボタンの接触不良も見られます。

再度フロントパネルを取り外し、スイッチボードを点検します。

端子が5ピンのタクトスイッチです。ネットで検索しましたが入手できないようですので、スイッチの隙間に接点復活剤を注入します。

接触不良は改善されましたが、再生が途中で止まってしまいました。リールモーターのリフレッシュは不調に終わったようです。

リールモーターを取り出します。

A&DのGX機と同じリールモーターです。スペア品と交換します。

長時間の走行テストを行います。不具合はようやく解消されました。

315Hzのテープを再生して速度の調整を行います。

ヘッドアジマスに狂いはありません。

入出力エベルの調整を行います。

メーターの左右レベルに狂いが見られましたので、調整します。

数種類のテープを用いて録再テストを行います。40年前のデッキとは思えないほど良好です。

完成しました。

-V-900X
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-900X

今日は当ブログ初登場のTEAC V-900Xです。これまで何度かお取引いただいた道内の方からご紹介いただきました。先日は当店までお越しいただきありがとうございました。 1981年発売のTEACの最上位 …

検索

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM