Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

T-1100S

PIONEER T-1100S 異音発生

投稿日:

今日は、少し前に当店で修理したPIONEERのT-1100Sに発生したトラブルについてです。その時の修理記事は以下ご覧ください。

PIONEER T-1100S 回転センサー故障

その時は、故障の原因である回転センサーの交換に加え、ベルト類の点検、録再調整を行いましたが、修理後そう経たないうちに、「異音が発生した」とのご連絡をいただきました。

オーナー様のお話では、メカの後ろ側から、その音は発生しているということです。前回修理ではメカニカルな部分については左側リールの脱着しか行っていませんので、そのときの修理とは別のトラブルであると予想されます。

いずれにしても修理が必要な状態ですので、機器をお送りいただきました。動作確認を行うと、時間の経過につれ、「キキキー」という耳障りな音が内部から発生します。

カバーを開けて発生源を探します。異音が出ている位置と音の種類から判断すると、キャプスタンモーターの軸受け部のオイル切れが原因と思われます。

粘度の低いCRCでは、すぐに油膜切れを起こす可能性がありますので、スプレー型のグリスを用意します。

モーターのシャフトが垂直になるようにデッキを立てかけ、スプレーを細いノズルに交換し、モーターの軸受け部に微量注入を行います。これで周囲に飛散することなくグリスアップを行うことができます。

異音は完全に解消されました。

-T-1100S
-,

執筆者:

関連記事

PIONEER T-1100S モーター換装

PIONEERの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、T-1100Sの修理依頼をいただきました。 電源をONにすると「キーン」という金属音が10秒程度発生します。今回は、この修理と、ベルト類交換 …

PIONEER T-1100S 回転センサー故障

PIONEERの高級3ヘッドカセットデッキT-1100Sの修理依頼をいただきました。 テープ走行が開始後すぐ停止する、ということでしたので、アイドラーのスリップが原因と当初は想定していました。 このデ …

PIONEER T-1100S 修理不可品の修理

当店に持ち込まれる故障デッキには、メーカーサービスや他店で「修理不可」と判断されたものも少なくありません。今回の修理も少し前に同様の扱いを受けたデッキに関するものです。 PIONEERの高級カセットデ …

PIONEER T-1100S リールモーター故障

PIONEERの3ヘッドカセットデッキ、T-1100Sの修理依頼をいただきました。 再生を開始すると、途中でリールが停止し、テープが絡まるということです。これまでも何度か修理をし使用をしてきたものの、 …

検索

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM