Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

日記

モーターの流用(MMI-6H2LWK)

投稿日:2020年9月23日 更新日:

SONYのダブルオートリバースデッキ、TC-WR990やTC-WR965Sなどに採用されているメカのキャプスタンモーターは、よく故障します。

ESシリーズのメカをオートリバース化した写真のメカになります。ESシリーズにはDDモーターが採用されていますが、

このメカには「MMI-6H2LWK」というモーターを搭載しています。端子が4本ありますので、DCサーボモーターと思われます。このモーターは、SONY以外の他メーカーのデッキにも採用されているようです。

これまでこのモーターを搭載したデッキを数多く修理してきましたが、3割程度にこのモーターの故障が見られます。

そこで問題になるのは、このモーターは極めて入手困難であるということです。以前は海外のオークションサイトで購入できたようですが、現在は、検索してもまったくヒットしません。そういった状況から、このモーター故障が発見された時は「修理不可」と判断せざるを得ませんでした。

モーター以外はまだまだ使用に耐え得るメカですので、何とかしたいと常日頃思っていたところ、今回、少し時間が取れたので、モーター流用にチャレンジしてみました。

故障したメカを分解します。代替モーターとして用意したのは、サイズや電圧が類似している「EG-530AD-2B」というDC(サーボではありません)モーターです。規格は12V2400回転です。

電圧が同じでも、おそらく回転数が異なるでしょうから、モータープーリーの径を測定しておきます。10.8mmです。まずは、代替モーターにこのプーリーを取り付けて組み付けます。取付穴の位置はピッタリです。

12Vを基板から取り出します。これでテープ走行は可能になりましたが、予想通り速度が2倍ほど早回し状態で、調整では対応できません。

(違うモーターを使用して解説用の写真を撮影しました)

径が7~8mm程度の小さめのプーリーがあれば良いのですが、そう簡単には手ごろなものは入手できません。そこで、写真のようにGX機用のリールモーターに使用されている軸部分にシリコンチューブを被せ接着しました。これで外径は8mm程度になりました。

さあ今度はどうでしょう?見事正常に再生できるようになりました。速度も安定しています。あとは耐久性が十分であるかを確認し、実用化を図りたいと思います。

-日記
-,

執筆者:

関連記事

金と黒のビス

修理を行っているときに、ふと不思議に思うことがあります。 これはDTC-55ESのメカを固定しているビスの写真です。写真の上部に黒いビス、下部に金色のビスが取り付けられています。ほぼ100%この仕様に …

VICTOR TDシリーズのキャプスタンローラー代用品

カセットデッキには、多くのプラスチック製パーツが使用されていて、その破損による故障も少なくありません。 先日、VICTORのカセットデッキ、TD-R631の修理を行った際に、初めて経験した故障がありま …

カセットテープ再ブーム!?

日立マクセルが復刻版のテープを発売したことは、この記事をご覧になっている方ならご存知と思いますが、カセットテープが昨年辺りから再ブームを迎えていると言われています。若者がその形状やマイルドな音質に注目 …

AKAI(A&D)GX機のカムモーター

AKAIのカセットデッキ、「GX-93、GX-73」やA&Dの「GX-Z9000、GX-Z7000、GX-9100、GX-7100」のウイークポイントはいくつかありますが、その中のひとつとして …

パーツの確保

当店で扱っているデッキは、古いもので製造後30年を経過しようとしています。そうすると、製造時には想定しなかったような故障が起きるようになります。 それでも電子部品については、ネットの威力もありまだまだ …

検索

2020年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM