Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-2000ES

SONY DTC-2000ES

投稿日:2020年10月2日 更新日:

少し前に当店でカセットデッキを修理されたお客様からのご依頼です。

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-2000ESです。

事前のお話では、「トレイが開かない」ということでしたが、当店に到着したときには正常に開閉しました。このことをオーナー様にご連絡すると、「手でアシストが必要」ということで、動きが悪くなっている状態とわかりました。

この機種のウィークポイント、左表示部の暴走が起こります。

テープをセットし、リモコンで操作すると暴走は起こりません。テープ走行は正常ですが、今回はメカの分解整備も行うこととなりました。

カバーを開けました。

まずは表示暴走から修理します。フロントパネルを本体と切り離します。

この基板にスイッチが18ケあります。その接触不良が原因で、想定外のデーターがマイコンに入力され暴走します。

すべて取り外します。

新品のスイッチと交換します。

続いてメカを降ろします。

ローディングベルトは、一見何も無いように見えますが、劣化してボロボロになっています。もちろん新品交換します。

ローディングモーターに直接電圧を加え、空回りさせて内部接点のリフレッシュを図ります。

カセットホルダーのパーツ同士が擦れる箇所にシリコングリスを施します。

メカ底部の基板を取り外します。

液漏れしやすい電解コンデンサーは交換済みです。

ベルトは硬化し変形していますので、交換を行います。

なぜか左右テープガイドの位置にズレが生じています。

リングギヤ類を分解します。

左右テープガイドの位置にズレが生じていたのは、このスライド部が固着していたため、人為的に処置したものと思われます。

固着部をCRCや機械油で解消します。スムーズに動くようになりました。

元どおりに組み立てます。

リールモーターを分解し、ブレーキパッドの点検を行います。問題はありません。

メカを仮接続して動作テストを行います。

RECVOLにガリが生じていますので、内部からVOLの隙間に接点復活剤を注入します。

動作状況の点検を行い、

完成しました。

-DTC-2000ES
-, ,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-2000ES

本日はDTC-2000ESの修理です。「再生ボタンを押すとRECポーズ状態になる」「音切れ」といった不具合を抱えています。 誤動作はスイッチの接触不良と思われます。オーナー様と協議し、劣化しているスイ …

ヘッドの破損

今日は保管している機材の点検を行いました。 すると、目につきにくいところにDTC-77ESの故障品が置き去りにされていました。おそらく数年前にジャンク品として入手したものの、そのまま修理せずに放置して …

SONY DTC-2000ES

3台同時にご依頼いただいたうちの3台目、SONYの高級DATデッキDTC-2000ESです。 過去に3回ほどメーカーサービスで修理を行ったが、現在は不動ということです。 電源を入れてテープをセットしま …

SONY DTC-2000ES

3週間ほど前にDTC-77ESの修理を依頼された方から、今度はDTC-2000ESの修理依頼がありました。 不具合の状況は、「電源投入するとモータ異音の後EJECT出来ず使用不可」「録音ボタンと早送り …

2DDリールメカ動作不良

SONYのDATデッキDTC-A8の修理を終え、動作テストを行いました。 再生しましたが、すぐ停止してしまいました。 テープを取り出すとこんな状態で出てきました。再度テープをローディングしてリールの回 …

検索

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM