Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

112mkⅡ

TASCAM 112mkⅡ

投稿日:

TASCAMの業務用カセットデッキ、112mkⅡの修理依頼をいただきました。

非常に精悍なデザインです。

電源を入れると異音が「ガーーー」と異音が鳴り、PLAY、PAUSE、RECランプが点滅します。

オーナー様は、この機種でこの症状は、メカ内部のギヤ破損が原因であるということをご存じでした。そこで、折角交換するなら、それをハイブリッドタイプのギヤに交換したい、とのお考えをお持ちでしたが、他店では補強が必要となるという理由で極めて法外な費用を提示されたという経緯があり、今回、当店にご依頼をいただきました。

ギヤは、海外からの取り寄せになりますが、コロナによる航空機の減便による影響からか、発注から納品まで丸一ヶ月かかりました。

必要なパーツを入手したので修理を行います。

メカを取り出します。キャプスタンベルトが無くなっています。

早速ギヤ交換を行います。カムモーターを取り外すと、

破損したギヤが現れます。

シャフト部に塗られたグリスが固まり、取り外す際にさらにギヤが割れました。

それ以外の箇所も少し回転が重いので、

一旦取り外してシャフト部を清掃&グリスアップを行います。

エンコーダー部の接点は非常に綺麗ですが、清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。

続いてキャプスタンベルト交換を行います。モーターを取り外すと、

モータープーリーに溶けたベルトの残骸が巻き付いてますので、清掃を行います。

キャプスタンのシャフトにグリスを微量塗布し、新しいベルトを掛けて組み立てます。

カセットハウジング内の化粧カバーを外し、

リールモーターを取り外して、

アイドラーゴムを交換します。

カセットホルダーを切り離します。

左右リールを取り外し、

回転部にグリスアップ、ゴムが当たる面は清掃を行います。

ピンチローラーは脱着し、軽く表面を研磨後に専用クリーナーで処理します。

メカの整備が完了しましたので本体に組み込み、まずは走行テストです。動作良好です。

315Hzのテープを再生して速度の調整を行います。

ヘッドアジマスに狂いはありません。

左右同レベルの信号を入力し、録音します。それを再生し、先ほどと同じ波形になるようレベル調整します。

数種類のテープで録音再生テストを行い、

完成しました。

-112mkⅡ
-,

執筆者:

関連記事

TASCAM 112mkⅡ

先日の112RmkⅡと同じお客様から、今度は112mkⅡのメンテナンス依頼をいただきました。 動作品ですが、電源投入後に違和感を覚えました。 気のせいかと思いましたが、照明を落としてみると、やはりメー …

TASCAM 112mkⅡ

近郊にお住いの方から修理依頼をいただきました。 TASCAMの112mkⅡです。精悍なデザインです。 電源をONにすると信号機のように緑黄赤のランプが点灯し。操作を受け付けません。また、トレイが開きま …

TASCAM 112mkⅡ メーターランプ交換

TEACの業務用ブランドであるTASCAMの112mkⅡの修理依頼をいただきました。 少し前に中古購入されたということです。 「メーターランプが切れている」「メーターの振れ幅が小さい」ということですが …

TASCAM 112mkⅡ&112RmkⅡ用ギヤ作成

TASCAMの3ヘッドカセットデッキ、112mkⅡ&112RmkⅡでは、カムギヤが破損して不動状態になるという故障が必ず起こります。 一番手前の少し色の付いたギヤの歯が欠けているのがわかると思います。 …

検索

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM