Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

DTC-77ES

SONY DTC-77ES

投稿日:

SONYのDATデッキ、DTC-77ESです。

DATデッキは圧倒的に2ヘッド機が多く、この機種はその中でも数少ない4ヘッド機ですが、録音再生同時モニターができますので重宝します。この機体は、オークションで入手したものの、ノイズ混じりの再生音ということです。

酷いデジタルノイズが常時再生音に混じります。

カバーを開けて点検します。

テープガイドが所定の位置の手前で止まっています。メカの固着が原因です。

メカを降ろします。

裏返して基板を取り外します。

どんどん分解します。

左右テープガイドを駆動するリングギヤです。

可動部に塗布されたグリスが固まっています。

古いグリスをCRCで溶かしながら除去し、シリコングリスを微量塗布します。

ギヤ類を組み付けます。スムーズに動作するか点検します。

硬化変形したベルトを新品交換します。

2DDリールメカです。ブレーキのパッドが剥がれて貼り付いています。

ブレーキを分解します。

このパッドが剥がれかけています。

パッドを貼り換えました。

カセットホルダーを切り離します。

不要となったヘッドクリーナーのアームを撤去します。

ピンチローラーです。弾力がありますので再利用可能ですが、専用クリーナーで処理します。

メカの整備が完了しましたので、本体に仮接続して動作テストです。ノイズは無くなりました。

次の作業に移ります。フロントパネルを取り外します。

リモコンの受光基板です。

電解コンデンサーの端子が液漏れで汚れています。新品に交換します。

次はディスプレイ基板です。

ここにも液漏れしているコンデンサーがあります。このまま放置すると操作スイッチの接触不良の原因になりますので、

すべて交換します。

スイッチが正常に動作するか確認します。

入出力別、モード別の録音再生状態の確認を行い、修理完了です。

-DTC-77ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY DTC-77ES

これまで何度かお取引いただいているお客様からDTC-77ESの修理依頼をいただきました。 最近、中古購入したが再生時ノイズが混じるということです。 カバーを開けました。高級機だけあって中身が詰まってい …

SONY DTC-77ES デジタル基板故障

SONYの4ヘッドDATデッキ、DTC-77ESの修理ですが、今回はいつもと様子が異なります。 少し前にオークションで購入されたということです。出品説明では、「数年前にOH。その後はたまに使用する程度 …

SONY DTC-77ES

DTC-77ESの修理依頼をいただきました。 シャンパンゴールドモデルです。発売当時はブラックモデルが売れたようですが、現在ではこちらの方が高値で取り引きされています。 テープをセットし動作確認を行い …

SONY DTC-77ES ギヤのコマずれ

SONYの4ヘッドDATデッキDTC-77ESの修理依頼をいただきました。 オーナー様のお話では、左側テープガイドの位置がヘッド寄りにずれていて、テープローディングができない状態だということです。 希 …

DTC-77ESのRFアンプ

今日はDTC-77ESのRFアンプの話です。RFアンプというのは、ヘッドからの信号を最初に処理する役割を担っており、SONYのデッキでは、ドラムヘッドの真上に取り付けられています。 これはDTC-77 …

検索

2020年10月
« 9月   11月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11(作業場兼事務所)
Audiolife 代表:小西
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM