Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-970X

TEAC V-970X

投稿日:

久しぶりにTEACの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、V-970Xの修理依頼をいただきました。

2年ほど前に中古購入したものの、動作不良に至ったということです。

再生ボタンを押すと、左側のリールのみが1・2秒回転し、すぐに停止します。

カバーを開けます。

メカを取り出します。

カムモーターのベルトは弾力が弱くなっています。

フライホイールのバックパネルを取り外します。

フライホイールを取り外すと、リールユニットを脱着することができます。

左右リール間にアイドラーがあります。

取り外してゴムリングを交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けます。

カムモーターのベルトも新品交換します。

メカ正面です。テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

続いてピンチローラーです。

左側は調整式になっていますので、

取り外す前に位置を測定します。

ピンチローラーの表面を軽く研磨し、専用クリーナーで処理します。

元通りに組み付けます。

メカを本体に戻して動作テストを行います。

調整に移ります。テープ走行を目視点検するため、カセットホルダー正面のパネルを取り外します。

ミラーカセットをセットしてテープパス点検を行います。

315Hzのテープを再生して速度の調整を行います。

再生ヘッドのアジマス調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、録音ヘッドのアジマスとバランス調整を行います。

聴感テストを行います。

修理完了です。

-V-970X
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-970X

少し前の当ブログの記事をご覧になった方からV-970Xの修理依頼をいただきました。 キャプスタンは回転していますが、テープをセットして操作ボタンを押しても無反応です。 早速カバーを開けてメカを点検しま …

TEAC V-970X 動作不良&録音不良

お客様から「修理リストには入っていないが、TEACのV-970Xの修理は可能か?」というメールをいただきました。再生・早送り・巻き戻しいずれも不可で、モーター音は聞こえるとのことです。 同機種について …

検索

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM