Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

D-07

PIONEER D-07

投稿日:

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理依頼をいただきました。

メカが上手く動作しないということでしたが、ディスプレイが点灯しません。

電源スイッチを何度かON-OFFすると点灯するようになりますが、一旦OFFにするとまた元通りになります。

カバーを開けます。

メカの後ろのコネクタを引き抜くと、

ディスプレイの不具合は解消されました。メカ側のトラブルがあるようです。

トレイを開けようとしても、途中でストップしてしまいます。

手で開けようとしても引っ掛かって開きません。トレイのリッドに浮きが生じてフロントパネルと干渉しています。

接着剤で貼り付けて、クリップで押さえ、数時間放置します。

その間にメカのメンテナンスを行います。ローディングユニットを切り離します。

ローディングベルトを外して、直接モーターに電圧を印加し、数時間空転させます。これでモーター内部の接触が改善されます。

続けてほかの箇所のメンテナンスを行います。

RFユニットの劣化コンデンサーを交換します。

ピンチローラーです。表面が劣化しテカリが見られますので、研磨し専用クリーナーで処理します。

メカを裏返します。ロータリーエンコーダーを取り外し、

分解して接点を清掃します。

次は、パワーモーターをメカから切り離し、先ほどと同様、内部接点の接触を改善します。

リッドの化粧パネルの補修か完了し、引っ掛かりは無くなりました。

ローディングベルトの劣化が見られますので、耐久性が高く滑りにくいバンコードに置換します。

開閉がスムーズになりました。

モード別、入出力別の録音再生状況を確認します。

ここで、コアキシャル出力の端子が抜け出していることに気が付きました。

リヤパネル、DA基板、基板ベースの順に分解します。

これでメイン基板を取り外すことができます。

端子を取り外し、抜け止め加工を施し、元通りに組み立てます。

以上修理完了です。

-D-07
-, ,

執筆者:

関連記事

PIONEER D-07 トレイ蓋修理

PIONEERのDATデッキ、D-07です。 トレイの蓋が開きっぱなしになったためテープで止められています。同じPIONEERでも下位機種のD-05では構造が異なるため同様の不具合は起きませんが、この …

PIONEER D-07

先週のD-07Aに引き続いてのPIONEERのDATデッキですが、今回は無印のD-07です。 中古購入したものの、少し使用してすぐに雑音が混じり、その後無音状態となったということです。 テープ走行はし …

PIONEER D-07 LONGモード録音専用機?(続き)

昨日珍しい故障の修理を終えた(と思った)D-07です。ちょうど夕方の仕事を終える時間だったので録音テストは翌日に行うことにしました。 翌日、電源をONにすると、 症状が再発しました。勝手にLONGモー …

テープパス調整

近郊の札幌の方からDATデッキ2台の修理依頼がありました。1台目はPIONEERのD-07、もう一台はSONYの業務用デッキPCM-7030です。 症状は2台とも同じで、ノイズが混じるということです。 …

PIONEER D-07 電源部の故障

PIONEERのDATデッキ、D-07の修理を行いました。 電源が入りません。この機種で、メカは動くがディスプレイが点灯しないという故障は、RFアンプのタンタルコンデンサーの劣化が原因という場合があり …

検索

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM