Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

ワンポイントメモ

120分テープ

投稿日:

皆さんは120分以上の長尺カセットテープをお使いになることはありますか?

先日、SONYのTC-K555ESRの取説ページをめくったときのことです。

中に1枚の紙きれが挟まっていました。

「120分テープの使用は余りおすすめできません」といった内容です。このようなメッセージは、ほかのメーカーの取説でもよく見かけますが、「余りおすすめできない」という中途半端で消極的なメッセージです。しかし、個人的には、メーカーがこの表現を使った理由が良く理解できます。

厚さが薄い120分以上のテープに巻き込みなどのトラブルが起きやすいことは事実です。しかし、このトラブルの発生は、デッキの状態に大きく左右されます。具体的には、ピンチローラーやキャプスタンの汚れ、ピンチローラーの劣化が原因であることがほとんどです。

カセットテープは、技術の向上により150分テープというものも製造されました。私も個人的な長時間録音に使用するほか、仕事ではデッキ修理後の走行テストに使用しますが、きちんと整備・維持されたデッキでは、前述のようなトラブルは皆無といっていいほど起こりません。

しかし、長尺テープが販売されたことにより、46分・60分といったテープでは正常に動作していたデッキでも、長尺テープを使用したとたんにトラブルが発生したということで、ユーザーからメーカーに対して多くの苦情があったことは容易に想像できます。

おそらくその大半は、メンテナンス不良が原因であったと思われますが、温度や湿度などの使用環境による場合や、機種によってはトラブルの起きやすいものとそうでないものもありますので、「100%ユーザーのメンテナンスが悪い」とは言い切れないため、「余りお勧めできない」といった表現になったのでしょうね。

なお、SONYのESG以降のデッキでは、他社製と比較して、ピンチローラーの劣化や調整不足によるテープの損傷等が起こりやすいので、該当機種をお持ちの方は、メンテナンスには十分ご留意ください。

-ワンポイントメモ
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-K〇〇〇ESLの誤作動

SONYのカセットデッキのうち、ESLシリーズの故障で「操作不能」というのがあります。 ひとつはアシストモーターのゴムベルトの劣化による操作不良で、これは、ESLに限らず同じメカを採用している前後モデ …

キャプスタンのワッシャー(GX機他)

今日はGX-93やGX-Z9100などデュアルキャプスタンモデルの整備の話です。 分解するとキャプスタンの背部には回転を安定させるための巨大なフライホイールが取り付けられています。右側の磁石が取り付け …

SONY製ESデッキのピンチローラー

SONYのESG以降のカセットデッキのピンチローラーは、 この写真のように、左右違うタイプのものが使用されています。サイズはもちろんのこと、理由はわかりませんが、ローラーのコア(芯)に使用されている材 …

アイドラー

カセットデッキには、リールを回転させるための駆動メカとして「アイドラー」が多く用いられています。 この写真の真ん中にあるのがアイドラーで。左右に動いてリールを回転させるのですが、ひとつのリールモーター …

ゴムベルトの話

カセットデッキの最大の弱点は「ゴムベルト」です。私の知る限りゴムベルトを使用していないデッキはほとんどありません。 皆さんご存じのとおりゴムは劣化して性質が変化します。そしてこの変化もゴムの種類によっ …

検索

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM