Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

V-870

TEAC V-870

投稿日:

久しぶりにTEAC V-870の修理依頼をいただきました。

動作しないという不具合を抱えているほか、以前修理した業者から、「ハイバイアスでの録音不良」と指摘されたということです。

電源をONにして再生ボタンを押すと、「ガー」という音が2・3秒鳴り響き、その後は無反応です。

カバーを開けました。キャプスタンは回転しています。

「ガー」という音は、このモーターからです。また、ベルトがスリップしていることがわかりました。

メカを降ろしました。

背面のプレート、フライホイールを取り外します。

スリップしているベルトを取り外しましたが、このプーリーの回転が重くなっています。

脱着してシャフトに塗られていた硬化したグリスを除去し、シリコングリスを塗布して組み付けます。

リールユニットを取り外します。

リール間にあるアイドラーを脱着してゴムリングを交換します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、元通りに組み立てます。

テープセレクターの検出スイッチの接点を清掃します。左から2番目の接点のみ汚れていました。これが録音不良の原因だった可能性があります。

ピンチローラーを脱着して、表面を研磨後に専用クリーナーで処理します。

メカのメンテナンスが完了しましたので、本体に組み付けて動作テストを行います。

ミラーカセットをセットして、テープの走行状態を目視点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

キャプスタンモーターの背面の調整孔にドライバーを差し込んで調整します。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしバランス調整を行います。波形が異なるのは、録音ヘッドのアジマスの狂いです。

調整後です。

複数のテープで録音再生状況を確認します。録音の不良はありません。

以上で完成です。

-V-870
-,

執筆者:

関連記事

TEAC V-870

TEACのカセットデッキ、V-870の修理依頼をいただきました。 3ヘッド、デュアルキャプスタンを装備した高性能デッキです。 20年ほど前に早送り巻き戻しが出来なくなりヘッドブロックも上昇途中で止まっ …

検索

2020年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM