Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

TC-KA5ES

SONY TC-KA5ES

投稿日:

SONYのTC-KA5ESの修理依頼をいただきました。

十数年ぶりに使用しようとしたところ、不動状態いなっていたということです。

電源をONにすると、内部で十秒程度モーター音が鳴り響き、その後はまったく無反応状態です。

カバーを開けます。内部からトレイのロックを解除し、リッドを取り外します。

底板を取り外します。メカが固定されているこのプレートを少し緩めないとメカの脱着ができません。

メカを取り出しました。

メカ内部のモードベルトが溶けて切れています。

カセットホルダーと化粧パネルを取り外します。

アイドラーとピンチローラーを取り外します。

キャプスタンモーターを切り離します。

キャプスタンモーターを分解します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、新しいベルトを掛けます。

モーター基板の電解コンデンサーに液漏れは見られませんが、

予防保全措置として新品交換します。

キャプスタンモーターのメンテナンスは以上です。

メカのフロント部を分解します。

ベルトが溶けてプーリーに巻き付いています。

洗剤でクリーニングします。

ロータリーエンコーダーを分解します。

汚れた接点を研磨清掃し、スライド接点専用グリスを塗布します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します

順番に組み立てます。

ピンチローラーは表面に液状のものがにじみ出ています。新品交換します。

元通りに組み立てます。

本体に組み付けて動作テストを行います。

ミラーカセットを用いてテープの走行状況を目視点検します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしバランス調整を行います。

RECVOLにガリが見られます。

フロントパネルを脱着してVOLの側面の穴から接点復活剤を注入します。

最後に複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-TC-KA5ES
-,

執筆者:

関連記事

SONY TC-KA5ES

1年ぶりのTC-KA5ESの修理です。 デザインはDTC-ZA5ESと似ていますが、天板にスリットが設けられていますので、DATデッキよりもカセットデッキのほうが発熱量が多いということでしょうね。 ト …

SONY TC-KA5ES キャプスタンモーター交換

今日はSONYのTC-KA5ESの修理を行います。 故障してから10年ほど経過したということです。 テープが閉じ込められていますが、操作を受け付けません。 カバーを開けます。これまでのESシリーズとは …

SONY TC-KA5ES

先日当店でDATデッキを修理されたお客様から、今回、カセットデッキ2台の修理依頼をいただきました。1台目はタイトルのとおりで、2台目はTC-K333ESLです。 北海道の外気温は氷点下ですので、到着後 …

SONY TC-KA5ES

今回の修理は、本ブログ初登場のSONY製3ヘッドカセットデッキTC-KA5ESです。以前、下位グレードのTC-KA3ESは何度か修理したことはあります。本機体はトレイ開閉ができない状態です。 デザイン …

TC-KA5ES アイドラーギヤ欠け

今年6月に当店で修理を行ったTC-KA5ESですが、「トラブルが生じた」とご連絡をいただきました。 「トレイ開閉の度に「キューン」という異音がする」ということと、「テープ走行しない」ということです。 …

検索

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM