Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

112mkⅡ 112RmkⅡ

TASCAM 112mkⅡ&112RmkⅡ用ギヤ作成

投稿日:

TASCAMの3ヘッドカセットデッキ、112mkⅡ&112RmkⅡでは、カムギヤが破損して不動状態になるという故障が必ず起こります。

一番手前の少し色の付いたギヤの歯が欠けているのがわかると思います。これは軽傷なほうで、ギヤがバラバラになっていることもあります。VICTORのTD-Vシリーズも同様ですが、経年劣化で脆くなる材質が使用されているためです。

これは破損する前のギヤですが、「直径18mm歯数34」のギヤと「直径8mm、歯数14」のギヤの組み合わせです。そして、高さ調整のために上部がスリーブ状になっています。

もちろん現在ではメーカー純正品は入手できませんが、代替品として、海外のサイトから強化されたギヤ(右)を購入することができます。当店でも何度か修理に使用したことがあります。しかし、送料も含めると結構な高価になること、また、供給が不安定であることなどの欠点があります。

それであれば作ってしまおう、ということで、AMAZONからギヤセットを数百円で購入しました。しかし、元々のギヤは、上記のとおり径の異なる大小ギヤ2ケが組み合わされている特殊なタイプですので、残念ながらセットの中には同じ形状のものは入っていません。

ではどうするかというと、セットには、大小それぞれ純正品と同じサイズのギヤが入っています。オレンジ色のものはスペーサーです。問題は、どうやってこの大小ギヤを組み合わせるかということです。接着剤で貼り合わせても、接着面の強度的な問題がクリアできません。そこで、2ケの異なるギヤを組み合わせるちょっとした加工を行います。

不要なモーターのシャフトに、台座となるギヤ(何でも構いません)をはめ込み、

大きなギヤ、その次に小さなギヤをセットします。

極細のドリルで2つのギヤを貫通します。

貫通した穴に、少し太めのワイヤーを圧入します。2か所~4か所で固定します。

これで2つのギヤが結合されました。回転方向の強度は相当なものです。もちろん引っ張っても簡単には外れません。最後に中心部の穴径を2mmのドリルを用いて拡大します。

割れたギヤと置換します。オレンジ色のスペーサーをはめ込み、

無事正常に動作しました。

-112mkⅡ, 112RmkⅡ
-,

執筆者:

関連記事

TASCAM 112mkⅡ

先日の112RmkⅡと同じお客様から、今度は112mkⅡのメンテナンス依頼をいただきました。 動作品ですが、電源投入後に違和感を覚えました。 気のせいかと思いましたが、照明を落としてみると、やはりメー …

TASCAM 112RmkⅡ

お客様から機器名指定で購入のご依頼がありましたので、ジャンク品をオークションで入手し整備を行います。 TASCAMの3ヘッドオートリバース機、112RmkⅡです。まったく作動しない状態です。 メカを取 …

TASCAM 112RmkⅡ(その1)

以前当店からカセットデッキを購入されたお客様からTASCAM 112RmkⅡの修理依頼をいただきました。昨年までは正常に動作していたということですが現在は不動となっています。 大型のVUメーターが2基 …

TASCAM 112RmkⅡ

TASCAMの業務用3ヘッドオートリバースカセットデッキ、112RmkⅡの修理依頼をいただきました。 フォワード側の再生ができなくなったということです。リバース側はOKとのことです。 動作確認を行いま …

TASCAM 112RmkⅡ

少し前に112RmkⅡを修理されたお客様から、別の同型機のメンテナンス依頼をいただきました。 動作品ということですが、 左右バランスのほか、リールの回転の不安定さなどの不具合を抱えているということです …

検索

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM