Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

GX-Z7100EV

A&D GX-Z7100EV

投稿日:

A&Dの3ヘッドカセットデッキ、GX-Z7100EVの修理を行います。

GX機の最終モデルです。

再生はかろうじてできますが、早送りと巻き戻しはNGです。

カバーを開けました。

本体を横に倒すと、内部から「カラン」と音が聞こえました。小さなビスが見つかりましたが、見たことのないサイズですので、外部から混入したものと思われます。

メカを降ろします。

カセットホルダー、化粧パネルを切り離します。そして、ホルダーを分解します。

ホルダーに内蔵されている樹脂製のスプリングが経年により変形し、機能が低下しています。取り外して、

加熱整形を行います。

ピンチローラーがかなり劣化しています。新品に交換します。

ヘッド周りを分解し、古いグリスを除去し、シリコングリスに置換します。

ヘッド周りのメンテナンスが完了しました。

左右リールとアイドラーを取り外します。

アイドラーゴムが当たる箇所をアルコールで脱脂します。

アイドラーゴムを交換します。

フロント部が完了しました。

メカを前方に倒してモーター基板を取り外します。

ベルトの当たり面を清掃し、古いベルトは交換します。

カムモーターのベルトを交換します。

テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

キャプスタンのシャフトにグリスを塗布し、組み立てます。

メカを本体に組み付けます。

動作は良好です。

ミラーカセットを用いてテープの走行状況を目視で点検します。右側のテープガイドがテープと干渉していましたので調整します。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。1%遅い状態です。

コントロール基板のトリマを回して調整します。

再生ヘッドのアジマスを調整します。

左右同レベルの信号を入力、それを録音再生モニターし、同じ波形になるようレベルと録音ヘッドアジマスを調整します。

複数のテープで録音状況の確認を行い、修理完了です。

-GX-Z7100EV
-,

執筆者:

関連記事

GX-Z7100EVでの表示不良

当店からGX-Z7100EVを購入されたお客様から不具合が発生した旨の連絡がありました。 表示パネルでテープ種類が時々表示されないとのことです。常時発生しない故障は原因の特定が難しく、修理は非常に厄介 …

A&D GX-Z7100EV バックテンション:ゼロ

今回はいつもと毛色の違う修理です。 A&DのGX-Z7100EVですが、「前の音が消えない」「クロムやメタルテープでは録音できない」「キャリブレーション不良」という症状を抱えているということで …

GX機のカムモーター

AKAIのGX-93、GX-73、A&DのGX-Z9000、GX-Z7000、GX-Z5000、GX-Z9100(EX、EV)、GX-Z7100(EX、EV)のメカには、モーターは3種類使用さ …

GX機のテープパス

これまで「テープパス」については、このブログでも何回か説明してきましたが、日本語で言うと「テープの通り道」あたりになるのでしょうか? テープとヘッドは、常に一定の位置関係になくてはならず、そのために、 …

GX機のテープガイドに注意

今回は以下機種についての留意事項について記事にします。 AKAI:GX-73 GX-93 A&D:GX-Z7000 GX-Z9000 GX-Z7100(EX・EV・LTD含む) GX-Z910 …

検索

2020年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM