Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-7030

KENWOOD KX-7030

投稿日:

オーナー様が学生時代に苦労して手に入れたという、思い入れのあるデッキ2台の修理依頼をいただきました。一台はSONYのDTC-57ESで、こちらは後日記事をアップ予定です。もう1台はKENWOODの3ヘッドデュアルキャプスタンカセットデッキ、KX-7030です。

20年近く放置状態だったということです。

トレイは電動OPENしましたが、テープをセットしてもまったく動作しません。

カバーを開けます。予想通り、キャプスタンベルトが溶けて、プーリーに絡みついています。

化粧パネルを取り外し、フロントパネルを前方に引き出します。これでメカを固定しているビスを緩めることができます。

メカを取り出しました。ベルトが切れています。

メカを前方に倒して背面のパネルを取り外します。

巻き付いているベルトを除去し、アルコールで拭き取ります。

新しいベルトを掛けます。

バックテンション用のベルトも溶けて無くなっています。

 

溶けたベルトが張り付いています。除去し、新しいベルトをセットします。

ヘッドは錆が浮いています。ザラツキが無くなるまで研磨材で磨きます。ピンチローラーは専用クリーナーで処理します。

メカを本体に戻し走行テストを行います。

315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。ベルト交換したため、結構な誤差がありますので調整を行います。

ヘッドアジマスの調整を行います。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音再生モニターしてバランス調整を行います。

複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-KX-7030
-,

執筆者:

関連記事

KENWOOD KX-7030

D-05と同じ道内の方のKX-7030です。 早速動作確認を行います。 トレーは電動オープンですが、閉めるときは手動です。再生ができません。早送り巻き戻しはOKです。 意外と苦労するのはトレイリッドの …

KENWOOD KX-7030

今日は、本ブログ初登場のKENWOOD KX-7030の修理です。1991年に発売された3ヘッドデッキで、当店のショッピングサイトからカセットデッキを購入されたお客様からの依頼です。症状は、テープ走行 …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

カテゴリー

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM