Audiolife - Enjoy your audio life!!

オーディオライフ:カセットデッキ、DATの販売・修理を行っています。故障でお困りの方はご連絡ください。

KX-880SR

TRIO KX-880SR

投稿日:

TRIOの2ヘッドシングルキャプスタンカセットデッキ、KX-880SRの修理依頼をいただきました。

不具合が発生してから、だましだまし使用していたものの、遂に不動となったということです。

テープをセットして再生ボタンを押すと、ランプは点灯しますが、うんともすんとも言いません。回路図はありませんので、基板の故障でないことを祈ります。

カバーを開けてフロントパネルを取り外します。

テープ検出スイッチの接点を清掃しましたが、ここが原因ではありませんでした。

底板も取り外さなければ引っ掛かってメカを取り出せません。

リールモーターに直接電圧を印加し動作することを確認します。問題は無いようです。

続いてカムモーターです。まったく回転しませんので、この辺りに原因がありそうです。

カムモーターを取り外すためには、ランプが取り付けられているプレートを取り外す必要があります。

するとビスが現れますので、ここを緩め、背面のビスも緩めるとモーターとカムを取り出すことができます。

カムを取り外してモーターに電圧を加えると、徐々に回転しだしました。このまま半日ほど放置します。

カムでONOFFするリーフスイッチの接点を清掃します。

カムモーターを元に戻し、ここで動作テストを行います。正常に動作するようになりました。

メンテナンスを続けます。テープポジション検出スイッチの接点を清掃します。

ハウジングランプが点灯しません。12Vのムギ球を交換します。

メカを組み立てて、本体に組み付けます。動作OKです。

調整に移ります。315Hzのテープを再生して速度の点検を行います。1%強、遅くなっています。

モーター基板上の半固定抵抗を回して調整します。

ヘッドアジマスを調整します。

左右同レベルの信号を入力し、それを録音し、再生時に同じレベルになるよう調整します。

複数のテープで録音再生状況を確認し、完成です。

-KX-880SR
-,

執筆者:

関連記事

TRIO KX-880SR

前回のKX-880Gに引き続き、今回は、KENWOODの前身であるTRIO(懐かしいですね)のKX-880SRの修理です。 ; テープ速度が変化したり、トレイが開かなくなったり、ヘッドが上下したりとメ …

検索

2021年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

住所
066-0038
北海道千歳市信濃3丁目11-1-1
Audiolife 代表:小西隆幸
050-3717-0768(留守電専用です。トラブル防止のため、緊急時以外は記録が残るEメールをご利用ください)
E-mail:audiolife2017@yahoo.co.jp

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 5:00 PM
土: 9:00 AM – 12:00 PM